レイカ〈3〉 警視庁刑事部捜査零課
  • 最新刊

レイカ〈3〉 警視庁刑事部捜査零課

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

かつて連続殺人犯に姉を無残に殺され、その犯人を長年追いかけ続けている女性刑事、音無レイカ。 ある日、殺された女子大生の首が、殺人犯以外の手によって持ち去られるという事件が起こった。姉が巻き込まれた「首狩り事件」の犯人と、つながりがあるのでは……と、レイカは疑いはじめる――。 “昼行灯”羽佐間警部、“美人すぎる女刑事”春日警部補、“死体アレルギー”宝福巡査といった、警視庁刑事部捜査零課の個性的な刑事たちとともに、レイカは意外な真相へと突き進んでいく。 待望のシリーズ完結篇!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
メディアワークス文庫
電子版発売日
2015年09月24日
紙の本の発売
2015年08月
サイズ(目安)
2MB

レイカ〈3〉 警視庁刑事部捜査零課 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年05月18日

    殺された女子高生の首が犯人以外に持ち出される。
    これは、あの事件との繋がりが…?

    疑わしそうな人たちが次々と。
    2話の中編が入っていますが、最後の最後まで
    怪しさが大量で、実は犯人です、と突如現れても
    まったくおかしくない状況でした。

    最初の犬の話は何となく物悲しい感じだったのに
    最後の最後は驚...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月07日

    いろいろと特殊な設定のお話でしたが、最終的にはあまり設定を活かせていなかった気がします。また、最後は当然首狩り事件の犯人逮捕なわけですが、容疑者の登場がいささか唐突です。ミステリーの最後10ページで犯人が登場したような、そんな印象。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年08月07日

    完結!おもしろかった!
    あのお兄さん怪しさ満載だったけどただの変わり者だった。碇さんにもあんな過去が。そんでやっぱり大和くんはいい味出してる。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年10月23日

    1巻から続く9年前の首狩り事件の謎が解けるわけですが、なんというか消化不良。
    犯人が~は、まぁなるほど。そうなるものか? と無理やり納得してみるものの、2巻から登場している彫刻家の篠宮司の件は? 週刊フレッシュの野島と桜木は? と、広げた風呂敷の回収ができてないところが消化不良。司に関しては、非常に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

レイカ のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • レイカ 警視庁刑事部捜査零課
    警視庁刑事部に配属となった若き刑事、大和。彼が足を踏み入れたのは刑事部捜査零課。そこは、組織から弾かれたアウトローの刑事ばかりが集められた部署。 デスクのそばに置いた盆栽に語りかける昼行灯の羽佐間警部、ソファでくつろぎながらスマホゲームに熱中する春日警部補、ほとんど刑事部屋に戻ってこない陣内巡査部長。個性的な刑事たちの中でも、音無レイカは、驚くべき才能をもつ女性刑事だった――。 心に深い傷を負った美しき女刑事レイカと、正義感あふれる大和刑事。陰惨で哀しい殺人事件に遭遇する彼らが、凶悪な犯人を追いつめていく。
  • レイカ〈2〉 警視庁刑事部捜査零課
    アウトローの刑事ばかりが集められた部署、警視庁刑事部捜査零課。 盆栽に話しかけてばかりいる“昼行灯”羽佐間警部、スマホゲームに熱中する“美人すぎる女刑事”春日警部補、ほとんど刑事部屋に戻ってこない陣内巡査部長。零課に配属されたばかりの“死体アレルギー”宝福巡査。そして死体の顔をコピーできる特殊能力をもつ女刑事、音無巡査。 かつて連続殺人犯に姉を殺された音無レイカは、ずっと犯人を追いかけていた。するとある日、犯行手口がそっくりな事件が発生する。憎むべき連続殺人犯が再び動き出したのだろうか――?
  • レイカ〈3〉 警視庁刑事部捜査零課
    かつて連続殺人犯に姉を無残に殺され、その犯人を長年追いかけ続けている女性刑事、音無レイカ。 ある日、殺された女子大生の首が、殺人犯以外の手によって持ち去られるという事件が起こった。姉が巻き込まれた「首狩り事件」の犯人と、つながりがあるのでは……と、レイカは疑いはじめる――。 “昼行灯”羽佐間警部、“美人すぎる女刑事”春日警部補、“死体アレルギー”宝福巡査といった、警視庁刑事部捜査零課の個性的な刑事たちとともに、レイカは意外な真相へと突き進んでいく。 待望のシリーズ完結篇!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

メディアワークス文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング