レイカ 警視庁刑事部捜査零課

レイカ 警視庁刑事部捜査零課

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

警視庁刑事部に配属となった若き刑事、大和。彼が足を踏み入れたのは刑事部捜査零課。そこは、組織から弾かれたアウトローの刑事ばかりが集められた部署。 デスクのそばに置いた盆栽に語りかける昼行灯の羽佐間警部、ソファでくつろぎながらスマホゲームに熱中する春日警部補、ほとんど刑事部屋に戻ってこない陣内巡査部長。個性的な刑事たちの中でも、音無レイカは、驚くべき才能をもつ女性刑事だった――。 心に深い傷を負った美しき女刑事レイカと、正義感あふれる大和刑事。陰惨で哀しい殺人事件に遭遇する彼らが、凶悪な犯人を追いつめていく。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
メディアワークス文庫
電子版発売日
2015年02月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

    Posted by ブクログ 2014年11月26日

    読みやすく、キャラもはっきりしているので、短い時間でちょこちょこ読み進めても、違和感なく物語の世界に戻れた。
    レイカだけじゃなくて、盆栽課長も次作が楽しみだ♪

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月22日

    異能を扱っている点でラノベライクではあるものの、刑事物としては及第点だと思う。ただ零課が活躍する反面、一課が無能過ぎるのは、ちょっとご都合過ぎるかなとは思う。
    続巻は、あるんでしょうね。。。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月16日

    仮面の下にはどんな顔があるのか?仮面をかぶることで自分を保つ事が出来るレイカ。仮面を脱ぐ日は来るのか?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月20日

    死体アレルギーの主人公が出会ったのは
    人の顔をコピーしてしまう刑事。

    連続短編で、仕事をしてなさそうな同僚や上司だけれど
    能力はある、という部署。
    能力以外は、ごく普通(?)の職場です。
    主人公…はまだあるかもしれない範囲の能力ですが
    相棒たる刑事の能力は不思議なもの。

    犯人に怒りをぶつけるため...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月18日

    続刊化のフラグが目に見えて散財しているあたり、どうしても斜視せざるを得ない点を除けばサクッと読める。
    ただ、やはり語られずして異能を平然と振りかざして解決させるあたり、もはや昔に語られるノックスの十戒すら見た目を変えれば問題にはならないのかな、と嘆息を禁じ得ない

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年10月06日

    なんとなく気になって読んでみた。
    同時進行でビブリア古書堂を読んでいたので、なんとなく同じ系統かな? と思ったら、まったく違っていた。
    ライトノベルだから、読みやすく、事件の謎も比較的わかりやすく書いている。
    ラノベと毛嫌いせずに、中には読み応えのあるものがあると再確認した一冊。
    これも続き物っぽい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • レイカ 警視庁刑事部捜査零課
    警視庁刑事部に配属となった若き刑事、大和。彼が足を踏み入れたのは刑事部捜査零課。そこは、組織から弾かれたアウトローの刑事ばかりが集められた部署。 デスクのそばに置いた盆栽に語りかける昼行灯の羽佐間警部、ソファでくつろぎながらスマホゲームに熱中する春日警部補、ほとんど刑事部屋に戻ってこない陣内巡査部長。個性的な刑事たちの中でも、音無レイカは、驚くべき才能をもつ女性刑事だった――...
  • レイカ〈2〉 警視庁刑事部捜査零課
    アウトローの刑事ばかりが集められた部署、警視庁刑事部捜査零課。 盆栽に話しかけてばかりいる“昼行灯”羽佐間警部、スマホゲームに熱中する“美人すぎる女刑事”春日警部補、ほとんど刑事部屋に戻ってこない陣内巡査部長。零課に配属されたばかりの“死体アレルギー”宝福巡査。そして死体の顔をコピーできる特殊能力をもつ女刑事、音無巡査。 かつて連続殺人犯に姉を殺された音無レイカは、ずっと犯人を追...
  • レイカ〈3〉 警視庁刑事部捜査零課
    かつて連続殺人犯に姉を無残に殺され、その犯人を長年追いかけ続けている女性刑事、音無レイカ。 ある日、殺された女子大生の首が、殺人犯以外の手によって持ち去られるという事件が起こった。姉が巻き込まれた「首狩り事件」の犯人と、つながりがあるのでは……と、レイカは疑いはじめる――。 “昼行灯”羽佐間警部、“美人すぎる女刑事”春日警部補、“死体アレルギー”宝福巡査といった、警視庁刑事部捜査零課...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています