赤村崎葵子の分析はデタラメ

赤村崎葵子の分析はデタラメ

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

分析部――それは部長たる赤村崎葵子があらゆる事象を(勝手に)分析し、余人には想像も付かない驚きの(偏見含む)道筋によって(たいていはどーでもいい)結論を導く部活である。 そう、彼女にかかれば結論はいつも藪の中。無駄にこんがらがった分析の先にかの美少女が導く驚愕と脱力の結論を、キミは把握できるか!? ひらめきと口から出任せとほんのちょっとのサービスででっちあげちゃう新感覚日常“分析”系ストーリー!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 電撃文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
電撃文庫
電子版発売日
2015年02月07日
サイズ(目安)
6MB

赤村崎葵子の分析はデタラメ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年06月19日

    小説、特にミステリの褒め言葉「再読に耐えうる」作品。

    何でも分析したがる葵子(通称テル)に振り回される主人公(通称カモトキ)2人の分析部の話。
    学生日常ミステリと言うことで、
    「古典部シリーズ」に良作という意味でも良く似ている。
    最大の違いはヒロインが「私、気になります!」から探偵役まで全てやる点...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月14日

    分析、飛躍する論理の組立、結論、そして……。コメディとしてニヤつける面もあり楽しく読めた。1巻の2話目で明かされるあるキャラについてのホワイダニットって結好みだなと思ったけど最後の最後で台無しだよ(褒。あと頭のゆるい読者への配慮に感謝

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月02日

    一風変わった謎解きストーリーでした。各章はそれぞれ面白かったのですが、ラストのまとまりが悩ましいところでした。十階堂さんの書き方が好きなので楽しめました。霜月えいとさんは前々から気になっていたのですが、挿絵は予想の斜め下でした。でもカラーは何度見ても好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月28日

    ラノベには珍しい?主人公とヒロインがはじめからラブラブ?な設定。人間関係が自然で好感が持てます。話は分析をテーマとした脳みそこねこね?そんなことないよ!適当だよ!でも実は・・・。こういう言葉遊び系嫌いじゃないです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月23日

    う~んこの外道オチ。 不意打ち。   
    分析とか言ってどんどん推理というか推測というか憶測というか想像というか妄想というか創作をふくらませていくのは楽しいですね。    
    それにしてもこんなに可愛くない妹キャラは希少だね。    
    裏分析のコーナーはなかなか面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月08日

    構造が面白いし、終盤はかなり読ませる。しかし、前半はラノベ特有の無駄なモノローグが邪魔をして読みにくい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月11日

    分析部の部長たる葵子があらゆる事象を勝手に分析し、想像もつかない驚きの結論に導くラノベ。

    ちょっと推理もありなかなか見どころはあるんだけど、基本滑りまくっているギャグベースで進むのなんか読んでいて苦痛を感じることも…。
    好き嫌いは間違いなく分かれる作品だと思いますが、バランスが悪すぎるので続きは読...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

赤村崎葵子の分析はデタラメ のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 赤村崎葵子の分析はデタラメ
    分析部――それは部長たる赤村崎葵子があらゆる事象を(勝手に)分析し、余人には想像も付かない驚きの(偏見含む)道筋によって(たいていはどーでもいい)結論を導く部活である。 そう、彼女にかかれば結論はいつも藪の中。無駄にこんがらがった分析の先にかの美少女が導く驚愕と脱力の結論を、キミは把握できるか!? ひらめきと口から出任せとほんのちょっとのサービスででっちあげちゃう新感覚日常“分析”系ス...
  • 赤村崎葵子の分析はデタラメ 続
    局地的に話題な『赤村崎葵子』が懲りずに帰ってきちゃいました! 今回も、テニスをしたり夏祭りに行ったり……いやいや、ちゃんと分析もやってるよ! 真っ当な議論を混沌のどん底に叩き落とす赤村崎葵子の迷分析、その裏にある(かもしれない)秘密をキミは見破れるか!? 思いつきととほんのちょっとのサービスと隠し味のやさしさででっちあげちゃう、噛めば噛むほど味が出る日常“分析”系ストーリー、注目の続編!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています