【感想・ネタバレ】赤村崎葵子の分析はデタラメのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2013年06月19日

小説、特にミステリの褒め言葉「再読に耐えうる」作品。

何でも分析したがる葵子(通称テル)に振り回される主人公(通称カモトキ)2人の分析部の話。
学生日常ミステリと言うことで、
「古典部シリーズ」に良作という意味でも良く似ている。
最大の違いはヒロインが「私、気になります!」から探偵役まで全てやる点...続きを読む
何より面白いのは、色んな人物が事件を「分析」はするが
「真実」は明かされないこと。

ヒロインを探偵役かつお馬鹿役にすることで、ミステリの推理をギャグに使ってて上手い。
「じゃあ語り部系主人公(男)を真の探偵に」と安易にしなかったのも評価が高い。
キャラクターもラノベ職(勇者、魔王、妹、中二病etc)に頼らず個性が立っている。

わざわざ後書きの後書きに「妹の裏分析」という「答え合わせ的な物」がある。
これはライトノベルの読者層への配慮だろうか?
ただ、各章の「真実」を明言しないのが、この作品のスタイルなので
あくまで「答え」ではなく、妹の「分析」なのが上手い。

ちなみに、この2人も「古典部シリーズ」と同じで
分析部(将棋部)でラブラブです。
末永く爆発しろ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年09月14日

分析、飛躍する論理の組立、結論、そして……。コメディとしてニヤつける面もあり楽しく読めた。1巻の2話目で明かされるあるキャラについてのホワイダニットって結好みだなと思ったけど最後の最後で台無しだよ(褒。あと頭のゆるい読者への配慮に感謝

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月02日

一風変わった謎解きストーリーでした。各章はそれぞれ面白かったのですが、ラストのまとまりが悩ましいところでした。十階堂さんの書き方が好きなので楽しめました。霜月えいとさんは前々から気になっていたのですが、挿絵は予想の斜め下でした。でもカラーは何度見ても好きです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年05月28日

ラノベには珍しい?主人公とヒロインがはじめからラブラブ?な設定。人間関係が自然で好感が持てます。話は分析をテーマとした脳みそこねこね?そんなことないよ!適当だよ!でも実は・・・。こういう言葉遊び系嫌いじゃないです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年05月23日

う~んこの外道オチ。 不意打ち。   
分析とか言ってどんどん推理というか推測というか憶測というか想像というか妄想というか創作をふくらませていくのは楽しいですね。    
それにしてもこんなに可愛くない妹キャラは希少だね。    
裏分析のコーナーはなかなか面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月08日

構造が面白いし、終盤はかなり読ませる。しかし、前半はラノベ特有の無駄なモノローグが邪魔をして読みにくい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月11日

分析部の部長たる葵子があらゆる事象を勝手に分析し、想像もつかない驚きの結論に導くラノベ。

ちょっと推理もありなかなか見どころはあるんだけど、基本滑りまくっているギャグベースで進むのなんか読んでいて苦痛を感じることも…。
好き嫌いは間違いなく分かれる作品だと思いますが、バランスが悪すぎるので続きは読...続きを読むまないかな。

このレビューは参考になりましたか?