バッカーノ! 1935-B Dr.Feelgreed

バッカーノ! 1935-B Dr.Feelgreed

作者名 :
通常価格 627円 (570円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ヒューイ・ラフォレットの脱獄で混乱するNY。その中心はフライング・プッシーフット号関係者たちが集うフィーロのカジノだった。だがそこに現れた異質な人物により、事態は大きく動いていく。メルヴィと名乗るルノラータ・ファミリーから来た人物に、マイザーだけでなく、過去の記憶を持つフィーロも不信感を抱かずにはいられず──。 一方、錬金術師たちもそれぞれの思惑で動き始める。NYに集まりつつある彼らの目的は何なのか。さらに、街を彷徨う詐欺師(ネイダー)が出会うのは一体誰なのか。 全ての鍵を握るのは、『葡萄酒(ヴィーノ)』という殺し屋の動向だった。果たしてこの切り札(ジョーカー)を手にするのは誰なのか──。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
電撃文庫
電子版発売日
2015年01月17日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

    Posted by ブクログ 2013年03月07日

    クレア無双がヤバい‼(笑)
    オマイサンハドコマデサイキョウナンダイ?ww
    そしてなんかこの巻ラッドのお披露目会みたいになっててちょっと笑えたww
    まぁ、今回は最強キャラ達が大暴れするお祭り小説だったな…
    今んとこの1番の謎である、ラブロやグレッドに瓜二つの人物の正体への期待値を含めての評価にしときま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月18日

    久し振りに読んだバッカーノ。
    前作から間が空き過ぎて、全然覚えてない!
    あとがきによると、1935年はここまでが前フリとのこと。キャラ大集合。
    フィーロにジャグジーにラッドにグラハムにクリストファーが話をしたら、当然カオス。良いシーンでした。
    このまま忘れないうちに次作へ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月26日

    バッカーノ19冊目。

    まだまだ序章というか、カードのふりわけを決めているかんじ。

    ネイダーの賭け方にはすごく違和感を感じるが(笑)
    その勢いが物語にどう影響していくのか楽しみである。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月10日

    自分にとっての酒シリーズは「これこそ成田節」と認識せざるを得ない作品で、『1935B』にたどり着くまで一年以上かかってしまいましたが、久々に触れた世界観がこんなにもしっくり来るものかと読破後不安になった位スカッとしました(笑)

    結局の所、前巻同様多くの混沌と疑問を生み出した「通過点」に過ぎなかった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月12日

     1935年、出所したラッドに、NYの面々が絡み合って…。
     とりあえず、シャーネの母親に驚愕。 
     つか、シャーネってホント可愛そうな子なんじゃん。あんな両親なのに、シャーネは素直ないい子で、それだけで泣ける。でもって、そんなシャーネを選んだヴィーノは、やっぱり出来る男です。

     にしても、このシ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月17日

    1932のロイがバッカーノ内で、再登場するとか思っていなくておっ、と思いました。
    オールキャラほぼ勢ぞろい!ひゃっはあー!
    ネイダーが主人公っぽいというか描写が多かったような・・?
    本当に数冊で終わるのか不安なくらいな安定の各キャラの濃さ(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月26日

    人物相関図と一覧を誰かー。

    他力本願にもほどがあるが、そういいたくなるほどの人の数。で、それぞれがチョイキャラで終わらないのがな。

    まだまだ続くが、続きはしばらく先の様子。

    ・・・続き読むとき間違いなくこの内容忘れてるのがなー。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年08月17日

    普段ライトノベルは嫌厭してしまうのですが、アニメがあまりにすばらしかったので、思わず読み始めたシーリーズ。
    1935年第二巻も引き続きカジノパーティでの馬鹿騒ぎ準備中。
    とうとう脱獄したヒューイ、クレアは未来の姑と体面もなかなかエキセントリックでした。相変わらず憎めないやつだ。
    フィーロには相変わら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年07月14日

    登場人物が多すぎて把握しきれなくなりました。
    関係性が分からないから内容もあんまり頭に入らない。
    次巻は読まないかも。

    ただ、クレアがかっこいいというこを再認識。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年03月18日

    1900年代のキャラが続々と出てきていて、本当にこれでラストなんだなあと思うと感慨深いものがあります。
    2000年で生存が確認されてるキャラ以外に何人生き残るのか…
    個人的にラックとイブの関係に何か進展があったら嬉しいです。ダラスがどうするのか気になります。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています