手塚治虫 壁を超える言葉

手塚治虫 壁を超える言葉

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

人生の壁を超えるための、勇気と情熱をあなたに。

「僕だって、描くんだったら一位になりたいんです」
「原稿料は絶対に上げないでください。仕事がこなくなります」
「僕は描きたいんです。描くことなら、いくらでもある」
「頼むから仕事をさせてくれ」

「漫画の神様」と呼ばれた巨匠、手塚治虫。
彼が遺した言葉と、その背後にある人生哲学とは。

生涯で15万枚もの原稿を描き上げ、アニメーション制作に奔走し、入院中もペンを握っていた手塚氏。情熱のまま自分の可能性に挑戦した彼は、その地位や才能に甘んじることなく、常に努力をし続けました。
亡くなる直前まで限界に挑んだ手塚治虫が遺したのは、人生を「本気で生きる」ためのメッセージ。決して平坦ではない人生を、前向きに送るためのヒントを見つけられる1冊です。

ジャンル
出版社
かんき出版
ページ数
160ページ
電子版発売日
2014年11月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

手塚治虫 壁を超える言葉 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年11月16日

    いつだって、貪欲だった。
    誰よりも、自分を信じた。
    少しずつでも、歩を進めた。

    僕は描きたいんです。
    描くことなら、いくらでもある。

    いい映画をたくさん観なさい。
    いい小説をたくさん読みなさい。
    いい音楽をたくさん聴きなさい。

    僕にとってなによりも重要なことは、ハングリー気持ちだ。つねになにか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月08日

    1時間もあれば読める。多分、どこかで耳にしたことが書かれていると思うけれど、それでもいい言葉は、やはりいい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月21日

    とても読みやすく手塚治虫が解説されています。プロ、職人という言葉がぴったりハマる手塚氏。見習います。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

手塚治虫 壁を超える言葉 に関連する記事