東京の自然史

東京の自然史

作者名 :
通常価格 1,080円 (税込)
紙の本 [参考] 1,166円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

地殻変動(巨大地震で、地表面は数メートル移動)、氷期と間氷期の海水面変化(一〇〇メートル以上)、火山灰の堆積(数メートル以上)、河川による砂礫の堆積……。一〇〇万年超の東京の形成過程と江戸以来の開発による地形変化を解明。過密集住の東京を脅かす様々な災害。散歩ガイド・災害マップとして、必携の地形学による東京史。(講談社学術文庫)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社学術文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2014年11月28日
紙の本の発売
2011年11月
コンテンツ形式
EPUB

「東京の自然史」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年12月30日

 "自然史"となっているが地質に関する内容のみで、しかも初版が1964年。
 しかし、内容はまったく色あせていない。
 東京の地質に関する見識と概要はこの当時にあらかた確立されたということだろう。
 気楽に読む文庫本、というよりは、これはもうほとんど地質学の教科書である。
 興味...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年04月23日

素晴らしい。関東地域の地質から成り立ちまで実に緻密に詳しく書かれている。現在(といっても40年前だが)の地形と対比して記述されている点もよい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年07月13日

自然史とあるがほぼ地盤(地層)の本。元は東京都市大学のテキスト。ゼロメートル地帯(海面下)、地盤沈下の話。地層比率による地震の際の揺れの違い、過去の東京湾の海岸線(海ほたるまで陸な時も皇居あたりまで水没してた時もある)とかとか。総武線の両国から新小岩まではゼロメートル地帯とかって親しみやすい具体例も...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月10日

東京近郊を自転車で走っていると、西から東にかけて多摩丘陵、武蔵野台地、多摩川、野川と起伏に富んだ地形を感じることができる。すでに都市に押し埋められてしまった時間、地形が本書によって随所にあらわになってくるのは大変興味深い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月07日

東京というより関東平野全体の地形学
現在、川崎に注いでいる多摩川が往古に東流して埼玉あたりで利根川と合流していたとは…
地形図を見ると確かに納得なのだけれど
東京湾の底を流れる古利根川など想像が膨らむ。
かなり、古いテキストなので最新の調査結果とは違うかもしれないが
身近な地層や話題から大きな悠久の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,979

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!