試験と競争の学校史

試験と競争の学校史

作者名 :
通常価格 972円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

私たちの国の学校は、なぜこれほど過剰に「試験」にとらわれてきたのか。著者は、画一的な「試験の実施」こそが、近代の日本に「学校」を普及させる動因だったという。夜を徹して行われる進級試験、衆人環視・戦慄畏縮の口頭試問、時に三割を超えた落第の恐怖。国民皆学実現の裏で、今に至る教育論争にも長い影を落とす「淘汰と競争」の起源を探る。(講談社学術文庫)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社学術文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2014年11月28日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2011年07月04日

この本を読む高校生中学生は、幸運だ。昔の君たちくらいの子は、こんなにも試験に追い回され苦しんだのかということがわかるかあだ。

AKB48のような、いや、彼女たちのグループの中での厳しさ以上の競争がなされていたのだから。

下駄箱の位置や席次までもが成績によって決められていた明治の頃を踏まえ、己の学...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは16,905

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!