おろち 1
  • 完結

おろち 1

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

▼第1話/姉妹▼第2話/骨▼私のUMEZZ体験●あらすじ/激しい嵐をさけるため、おろちが立ち寄ったお屋敷。そこには美しい姉妹がふたりきりで住んでいた。姉・エミ17歳、妹・ルミ16歳。だが奇妙なことに、ふたりとも18歳になることを異常なくらい恐れていた。身の毛もよだつような、恐ろしい血筋の家に秘められたナゾとは…?(第1話)●本巻の特徴/摩訶不思議な力を持ち、時を超えて存在する美少女・おろち。行く先々で哀しき運命を背負った人間と出会い、その翻弄されゆく人生を傍らから観察し続ける…。楳図かずおデビュー50周年記念企画として、先に刊行された『へび女』『ねがい』『蟲たちの家』に続く“UMEZZ PERFECTION!”第2弾が、全4巻で登場!!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
IKKI
ページ数
318ページ
電子版発売日
2014年12月15日
サイズ(目安)
77MB
    購入済み

    みなと 2021年09月01日

    「姉妹」もよかったけれど、「骨」に圧倒されました。自らの血を注いで人形に生命を与えようとするおろちの激しさ、気迫にも、腐って生き返った登場人物が記憶で辿った情念にも。

    おろちの他の作品では、どちらかというと、おろちに鎮魂に似たイメージを持った事があります。
    じっとおろちを見詰めていると、生き...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    なつかし

    yukisnow.purin 2021年01月24日

    おろち 久しぶりに読みたくなりました。

    おろち、相変わらず美しい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月30日

    おろち美しい♪
    楳図かずお原画展で見た時、この作品に限らず描きこみの細かさ、美しさに驚いた。
    楳図かずおの描く女性は美しい人が多いが、おろちの美少女っぷりと、「洗礼」のさくらのかわいさにはメロメロになってしまう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月25日

    「姉妹」「骨」
     美貌の姉妹に迫る残酷なタイムリミット「姉妹」は
     何度読んでもイヤ~な気分になる、
     いや、いい意味で(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月27日

    短編集というところが読みやすくて、何度も読み返したいと思う。
    光が見えそうで見えないという終わり方も個人的に好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月27日

    「私は、おろち・・・」


    おろちのキャラが面白すぎ~。
    我が家では、おろちのモノマネが流行っています。


    無表情な少女ですが、人に良い報告ができる~と
    思いっきり笑顔なコマとかもあって、惹かれます。

    読み応えのある漫画です!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月06日

    人間の愛と憎しみの物語。それを物影からのぞくのは、ときにお節介でときに慈愛に満ちたおろちの瞳。
    手に取るだけで背筋がピっと伸びるようなカッコイイ装丁もすばらしい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    おろちの存在感がすきです。
    遠くから見守ってて、強い能力者みたいな!

    楳図かずおの漫画は
    強いといえば悪役ばかりのような・・

    こんなキャラ珍しいですよね。
    かわいー。

    短編というのも良い!

    毎回楳図さんの頭のなかが覗けるようで
    うれしー。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月14日

    わたしはおろち。おろちが美しすぎ、エピソードも美しいくらいに恐ろしい。
    パーフェクションシリーズでは装丁に難があることが多いのだが、この「おろち」シリーズは落ち着いていて、素晴らしい。
    白のコントラスト、表紙も4冊すべて白黒で統一感があり、良い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    見事なストーリー展開と、作品によってはラストでのどんでん返しが素晴らしく、恐怖漫画というよりも、人間の持つ醜い部分を描き出す心理的なドラマとして読める傑作。

    このレビューは参考になりましたか?

おろち のシリーズ作品 全4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • おろち 1
    完結
    693円(税込)
    ▼第1話/姉妹▼第2話/骨▼私のUMEZZ体験●あらすじ/激しい嵐をさけるため、おろちが立ち寄ったお屋敷。そこには美しい姉妹がふたりきりで住んでいた。姉・エミ17歳、妹・ルミ16歳。だが奇妙なことに、ふたりとも18歳になることを異常なくらい恐れていた。身の毛もよだつような、恐ろしい血筋の家に秘められたナゾとは…?(第1話)●本巻の特徴/摩訶不思議な力を持ち、時を超えて存在する美少女・おろち。行く先々で哀しき運命を背負った人間と出会い、その翻弄されゆく人生を傍らから観察し続ける…。楳図かずおデビュー50周年記念企画として、先に刊行された『へび女』『ねがい』『蟲たちの家』に続く“UMEZZ PERFECTION!”第2弾が、全4巻で登場!!
  • おろち 2
    完結
    693円(税込)
    ▼第1話/秀才▼第2話/ふるさと▼第3話/鍵●あらすじ/その少年の名は「立花優」。頭の良い父親と、やさしい母親のもとに生まれた優は、1歳の誕生日の夜、自宅に侵入してきた強盗に首筋を刺されてしまった。一命は取り留めたものの、その日を境に父は無気力になり、母は怒りっぽくなった。母から勉強ばかり押しつけられ、友達も出来ないまま成長していく少年の人生を、おろちは興味深く見守り続ける…(第1話)。●本巻の特徴/摩訶不思議な力を持ち、時を超えて存在する美少女・おろち。行く先々で哀しき運命を背負った人間と出会い、その翻弄されゆく人生を傍らから観察し続ける…。楳図かずおデビュー50周年記念企画として、先に刊行された『へび女』『ねがい』『蟲たちの家』に続く“UMEZZ PERFECTION!”第2弾が、全4巻で登場!!
  • おろち 3
    完結
    693円(税込)
    ▼第1話/ステージ▼第2話/戦闘●あらすじ/ひき逃げが原因で父親を失った3歳児・佑一。事件の一部始終を目撃していた佑一は、子供向けTV番組に登場する“おはようのお兄さん”田辺新吾が犯人であると証言。おろちが傍聴席で見守る中、犯行を否認する田辺の裁判が開かれるが…(第1話)。●本巻の特徴/摩訶不思議な力を持ち、時を超えて存在する美少女・おろち。行く先々で哀しき運命を背負った人間と出会い、その翻弄されゆく人生を傍らから観察し続ける…。楳図かずおデビュー50周年記念企画として、先に刊行された『へび女』『ねがい』『蟲たちの家』に続く“UMEZZ PERFECTION!”第2弾が、全4巻で登場!!
  • おろち 4
    完結
    693円(税込)
    ▼第1話/眼▼第2話/血●あらすじ/盲目の少女「田口恵子」。工場が建ち並ぶ街の社宅で暮らす彼女は、父親と、彼女を慕って遊びに来る少年・さとると交流するだけのつましい生活を送っていた。目の見えない彼女を心配し見守り続けていたおろちだったが、ある日、父の帰りを待つ恵子のもとに、助けを求めてひとりの男が駆け込んで来て…(第1話)。●本巻の特徴/摩訶不思議な力を持ち、時を超えて存在する美少女・おろち。行く先々で哀しき運命を背負った人間と出会い、その翻弄されゆく人生を傍らから観察し続ける…。楳図かずおデビュー50周年記念企画として、先に刊行された『へび女』『ねがい』『蟲たちの家』に続く“UMEZZ PERFECTION!”第2弾が、全4巻で登場!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

IKKI の最新刊

無料で読める 青年マンガ

青年マンガ ランキング

おろち に関連する特集・キャンペーン