東大生の論理 ――「理性」をめぐる教室

東大生の論理 ――「理性」をめぐる教室

作者名 :
通常価格 702円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

知的で、理詰めで、クール。論理的だけど頭でっかち。私たちがイメージする東大生は、教室でどのように反応しているのだろうか?本書では、アメリカ帰りの「アウトサイダー」教授が、東大の「論理学」の講義で行った「理性」をめぐる多彩なディスカッションをもとに、東大生の志向性を考察する。同時に、社会的ジレンマや神秘といったテツガク的な議論、東大特有の「進振り」や「シケタイ」、東大生の恋愛相談やブログなどにもふれる楽しい一冊。

ジャンル
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま新書
ページ数
205ページ
電子版発売日
2014年09月19日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2011年12月20日

講義を実際に受けていたので、あぁそんな話題もあったなぁ、とか、!!?この東大生Eって自分じゃない?などという楽しみ方ができた。
高橋昌一郎先生の講義は東大では一度しか行われなかったようで、受講することができて幸運な講義のひとつであると言える。(自慢できる)
学生の意見に対して口癖のように「おもしろい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年02月02日

高橋さんの本はスマリヤンから数えてこれで5冊目になるが、どれも外れがなく良書だといえる。今回の論理学の本も、うちの大学でもぜひやってほしいと思うほど中身に充実感があり、だからこそ、そこに集う学生も議論に花を咲かせることができたのではないかと思う。中でも特に面白かったのが、4回目と5回目の講義であり、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年01月04日

『東大生の論理』といわれると、ロジカルシンキング等の類の本…?と思ってしまいそうなのですが、全然違います。
東大の理科学生対象の「論理学」の授業において繰り広げられる学生と教授のディスカッションの様子や、教授が投げかける問いに対する東大生の考察などがつらつら書かれた一種のエッセイのようなものです。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年12月30日

.@ShoichiroT氏著。東大での講義を通してわかりやすくゲーム理論について知ることが出来、同時に東大生の振る舞いを垣間見ることが出来る。

さすがの東大生は、頭がいいなあと思う。
それだけに、個人の能力と全体の結果は負の相関があるんじゃないかとと思えてならない(合成の誤謬?)。

東大生のよう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年12月20日

良著すぎる!『理性の限界』の高橋氏が東大で講師を務めた際の記録。
講義内容も面白いし、それに対する東大生の意見や、その意見に対する著者の感想も面白い。
最大多数の最大幸福に対して「最大多数の最小不幸」を主張した東大生にはシビれた。
高橋氏vs東大生!

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play