イーゲル号航海記(1)魚人の神官

イーゲル号航海記(1)魚人の神官

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

学校をさぼり、ふらりと立ち寄った港で、少年カールはふとしたはずみから天才科学者ローゼンベルク博士の潜水艇にとびのる。乗組員は博士のほか、無口な大男、人間のような犬、黒ずくめで偽名を使う男、とそれぞれ曰くありげな大人たち。その一行が、北海で謎の巨大渦にのみこまれ、たどりついた先は、世にも奇妙な場所だった・・・。海洋冒険小説のわくわく感と、SFのふしぎな味わい、そして少年の成長物語が融合した作品。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
児童書 / よみもの
出版社
偕成社
ページ数
270ページ
電子版発売日
2014年09月26日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
30MB

イーゲル号航海記(1)魚人の神官 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年06月13日

     いつも学校に行くのとは反対のほうに曲がって港に行ったカールは、ひょんなことからローゼンベルク博士の作った潜水艇に乗ることに。
     政府に追われている博士と、口を利かない大男と、苗字と名前が同じコックと、あらゆる生物の言語を理解するシェパードとともに、謎の渦巻きの観測に出発したカールは、魚人のいる海底...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月14日

    表紙の中側にイーゲル号の断面図のイラストが描かれています。読んでいる最中に何度も見ました。理解して読み進めます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月17日

    日々の暮らしに嫌気がさしていたカールは港でおかしな潜水艦に飛び乗った。そこには風変わりな博士と何もしゃべらない巨体の白人、頭のいい犬、同じ日に潜水艦に乗った料理人がいた。帰ることもできるし、乗っておいても別に構わないということなので、カールは潜水艦にとどまることにした。さぁ、どんな冒険が待ち受けてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    港でぼくがとび乗った、おかしな船。それは、天才科学者ローゼンベルク博士のつくった最新式の潜水艇だった。ふぞろいな5人の乗組員を乗せ、潜水艇「イーゲル号」がゆく、摩訶不思議な海洋アドベンチャー。

    このレビューは参考になりましたか?

イーゲル号航海記 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • イーゲル号航海記(1)魚人の神官
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 学校をさぼり、ふらりと立ち寄った港で、少年カールはふとしたはずみから天才科学者ローゼンベルク博士の潜水艇にとびのる。乗組員は博士のほか、無口な大男、人間のような犬、黒ずくめで偽名を使う男、とそ...
  • イーゲル号航海記(2)針路東、砂漠をこえろ!
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 少年カールのもとへ、イーゲル号から迎えがきた。待ちに待った二度目の航海だ。謎の巨大渦にのみこまれ、一行がたどりついた今度の異世界は…生命が死に絶えたかのような一面の砂漠。ところがここにも奇妙な...
  • イーゲル号航海記(3)女王と一角獣の都
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 1930年代ドイツ。日系少年カールはまたもローゼンベルク博士の潜水艇イーゲル号に乗って、未知の異世界へと旅立つ。謎の大渦に巻き込まれ暗い洞窟を抜けると、そこには一角獣と話ができる女王のいる都があっ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています