海にかがやく

海にかがやく

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

鉄道会社の重役、大林二郎は、鉄道の起工イベントのため、故郷へもどった。そして自分の人生を変えたひと夏のできごとを思い出した。小学6年生だった二郎は、カツオ船の船主の頼みで、その孫の少年を駅にむかえにいくが見つからない。焦った二郎だったが、じつは孫は女の子で見逃していたのだ。都会育ちの少女、夏生は、二郎を気にいったらしく、いっしょに釣りをしたりして、仲良くなっていく。村をあげての竜神祭の日、舟の競争、伝馬くらべで事件があり二郎は窮地におちいるが、夏生の機転で助けられる。その日の夜、二郎と夏生は、事件に関わった利男と光彦とともに海へ漕ぎだし、ふしぎな体験をする。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
児童書 / 児童文学
出版社
偕成社
掲載誌・レーベル
偕成社文庫
ページ数
236ページ
電子版発売日
2015年10月02日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
27MB

海にかがやく のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年09月14日

    舞台は昭和30年代の海辺の漁師町。東京から来た夏生と漁師の息子二郎は、村の竜神祭の夜、仲間たちと竜神を見る。

    村を出て東京へ行った夏生の母への村の大人たちの目、子どもらしい闘争心など、戦後の経済成長が始まるころの子どもたちを生き生きと描いている。

    でも、大人になった主人公のプレイバックから始まり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています