アルフレートの時計台

アルフレートの時計台

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

小児科医のクラウスは、少年時代をすごした町に赴任することになった。その町の広場には古い時計台があって、その時計は、彼が子どものときからずっと、こわれて三時をさしたままなのだった。いつも閉ざされている時計台の扉が三時にだけ開くことを発見したクラウスは、その中で、子どものころ病気で亡くなったはずの親友アルフレートに出会う。なぞめいた時計台を舞台に、時をこえた少年の日の友情を描いたファンタジー。

ジャンル
出版社
偕成社
ページ数
154ページ
電子版発売日
2014年09月26日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
18MB

アルフレートの時計台 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年12月12日

    その時計台にはいくつものうわさがあった。入リ口の扉から入る人はいても、そこから出る人を見ることはない。深夜三時にひとりでくると、池のペガサス像が翼をはばたかせる。時計台の先端に白フクロウがとまっているのを見た者は…時をこえた少年の日の友情を描いた幻想譚。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月11日

    小児科医のクラウスは生まれ故郷の病院に期限付きで赴任した。ある理由からこれまで故郷を避けてきたが、町を散策している内に懐かしさを感じ、生家を訪ねてみることにした。生家の近くには、いつも扉の開かない時計台があった。しかし、その日はその扉がほんの少し空いていて、中に入ったクラウスは意外なものと出会う…
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月09日

    あたたかな物語だった。時が交差するせつない物語でもあり、語り口はおだやかなのにたびたび涙が出そうになった。ちょっと『トムは真夜中の庭で』の心の震えにも似ている。ただ後半、二言ぐらいひっかかる言葉があって、ここがなかったらもっと良かったなあ〜と思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月06日

    少年時代を過ごした町に戻ってきたクラウス。親友との思い出の時計台。そこで起こった不思議な出来事。
    静かな語り口で紡がれるため、不思議な出来事が自然と心に沁み込む。感情を高めずに感情豊かに書かれる親友への想い。
    美しい物語に出逢いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月18日

     読み始めた時に子供向けのファンタジーかと思ったが、そのうちかなり難解であることに気づいた。さまざまな仕掛けは、何度か読まないと頭に入らない。
     中盤まで、退屈な時間が過ぎていく。しかし終盤が怒涛の展開で、涙がこみあげてきてしまった。あの時間は無駄ではない。すべてこの終盤を築くために欠かすことのでき...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月11日

    それは一時の邂逅。
    時は止まっているから、それがどのぐらいの時間であったかなんてことは意味がない。一瞬の永遠。
    それは夢のような、胸が締め付けられるような、なにものにも代えられない時間だっただろう。
    お互いにとって。

    会いたい、でももう会えない人。
    会いたい、でももう会えない人。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月07日

    児童文学なのかな?
    内容をまったく知らずに古本屋で買ってきた本

    ちょっと切ない話でした
    いや・・・悲しい以外の感情があまり沸かなかった
    クラウスが今現在、「人生なんて生きる価値ナイ!」って
    なげやりになっているなら
    友達からの手紙で「もっと大切に生きよう!」ってなるなら
    そうかそういう話なのかと思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月19日

    小児科医として、かつて住んでいた街を訪れた主人公。今は亡き、幼い頃の友人と噂をしていた不思議な時計台にたどり着き、中へ入ってみたところ…。

    多分私が作者に期待するところと、作者の書かんとしているところが違うんでしょうね。心震えないってのはそういうことだろう。児童書にしては結構大人っぽいかも。6年生...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月18日

    最初から、最後までドキドキしながら読みました。
    本のサイズや、文章の書き方がすごい読みやすくスラスラ読めました。
    この手の話をまた読んでみたいものです。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年09月09日

    小児科医となり、少年時代をすごした町にもどってきたクラウス。昔住んでいたところを見に行き、古びた時計台の中に偶然入ったクラウスは、時計台の秘密に気づく。次に時計台に入ったとき、クラウスは親友だった子どものころのアルフレートに再会する。 
    *アルフレートの覚悟が潔い。そして生き方を変えるほどの友情に胸...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています