女のカラダ、悩みの9割は眉唾

女のカラダ、悩みの9割は眉唾

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 924円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「オス化」「卵子老化」に怯え、生理の辛さに泣き、「私らしい」妊娠・出産を夢想する……ああ、なんで女ばかり気苦労が多いのか? 「みんな医学的根拠のない情報に振り回されすぎ!」と警鐘を鳴らすのは、産婦人科医・宋美玄先生。「恋してなくても女性ホルモンは出る」「子宮はそう簡単には冷えない」「出産をイベント化しないで」などなど、自らも35歳で高齢初産を経験した著者が語る、女心とカラダにまつわる画期的人生論!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
暮らし・健康・美容 / 健康・医療
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社+α新書
ページ数
192ページ
電子版発売日
2014年08月01日
紙の本の発売
2014年02月
サイズ(目安)
1MB

女のカラダ、悩みの9割は眉唾 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年02月09日

    この本は学校の教材として使ってほしい!と思うくらい勉強になりました。特にピルについての章は10代の頃に読みたかった…。女性の体にまつわるデマは本当にたくさん世の中に溢れているし、若いころは産婦人科を受診すること自体もなんとなくハードルが高かった。だけどこの本を読めば若い女の子も風邪で病院に掛かるよう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月15日

    ネットだけでなく、雑誌でもムック本でもTVでも色んな情報が横行している。それらを気持ちいいくらいズバッと切り捨ててくれた本。女性は勿論のこと男性にも知っておいて欲しい。こういう情報こそきちんと世間に伝えてこそマスメディアなんじゃないのかね、と改めて思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月24日

     女性のからだについて、正しい情報を知ってほしいという
    内容。医師の見地から、女性自身に自分のからだについて
    正しい情報を知ってほしいという願いが込められている。
     いかに雑誌(特に女性誌)やテレビが根拠のないデタラメ
    な情報を男目線で垂れ流しているかをこの本を読んで、
    わかった。女性の立場が向上し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月02日

    女の体の都市伝説をバッサリ切った一冊。
    <恋しなくても女性ホルモンは出る><働きすぎても「オス化」はしない><何が「子宮にやさしい」のか><「女の証」ってなに?><美化された出産>等々なーるほど、と思う言葉がいっぱい。
    「ホルモンが出ようと出まいが、子宮があろうとなかろうと、女の人は女であることにも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月19日

    産婦人科医の宋 美玄先生が、女性誌やネットでまことしやかに語られている都市伝説をぶった切り、女性のカラダに関する正しい情報を伝えている本です。

    もう、痛快!の一言につきます。

    私はマーケティングやライターに関わる仕事をしてた時期があります。そのため、多少煽る表現、キャッチーな言葉遣いは、売上を上...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月30日

    宋先生、最近雑誌や書籍、ネットのコラムでよくお見かけします。

    本書は、
    恋をしないとオス化するは嘘!子宮は冷えない!など女性特有の都市伝説をバッサリ切ったり、
    流行りの「自分らしいお産」に疑問をなげかけたり、
    なかなか新鮮な内容。
    骨盤矯正もよく言われるけど、本当は骨盤のまわりの筋肉も鍛えなきゃい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月23日

    わかりやすく爽快!いかにいろいろな思い込みや思惑とともに、女性の健康や性についての言説があったのか思い知らされる。考えてみれば「ありっこない」ことに縛られていた自分にも気付く。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月05日

    雑誌やテレビでまことしやかに語られている、女性の健康に関する話題が、実はイメージや思い込みで作られている。医学的根拠に基づいた知識や情報はなかなか正しく伝わらないので、本書のような、医師が書いた本で調べることが大切である。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月14日

    女性誌に書かれていることを鵜呑みにしないこと。
    専門家が言ってることでも、他の専門家の意見も見てみること。
    冷えはやっぱりあるような気がするのだけれど。
    更年期は「プレ」も「プチ」も本当にないのだろうか・・・。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月21日

    世の中の女性誌に書いてある女性の体についての迷信・神話を糾弾している。
    ピルは、更年期障害の軽減にこそ役に立つということです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています