リヴィングストン(1)
  • 完結

リヴィングストン(1)

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

人間の運命の9割は“魂”によって定められている。現世でその運命を全うした魂は来世へとつながれ成長を続ける。だが、なかには予定外に死亡し、運命どおりにいかずに砕け散ってしまう魂もある。それを防いで魂を適切に管理することが、桜井(さくらい)と天野(あまの)の仕事である。魂が消えゆく危機に瀕するとき、二人は現れる。――前川知大&片岡人生がおくる、“魂”とは何かを問う衝撃作!!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
モーニング
電子版発売日
2014年07月25日
サイズ(目安)
91MB

リヴィングストン(1) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年08月26日

    この漫画の主人公は魂石回収業者の桜井と天野。
    公務員風のビジネススーツに身を包み常に名刺を持ち歩く桜井とは対照的に天然で掴み所ない天野、順風満帆とはお世辞にも言えぬ凸凹コンビが、故人の記憶が残留する場所を訪れ、記憶の結晶―「魂石」を回収していく。
    魂石回収という特殊な職業に就きながらも、桜井は非常に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月04日

    魂石回収業者の2人が主人公のお話。

    結構サバサバ進んでいくストーリー。
    なのに、すっごい考えさせられるというか、考えてしまうというか。
    話の根っこはシリアスですね。
    でも、対照的な主人公がバランス取れていて2人のやり取りが面白いです。

    前から気になっていたので読んでみましたが、予想以上にお気に入...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月28日

    もともと舞台のファンで読みましたが、違う話も入れられていたり設定が微妙に追加されていたりと、とても楽しめました。
    絵も話しに合っていて良かったと思います。

    男性になってしまった彼女の、来世の職業については描かれてなかったので、そこは舞台でのお楽しみといったところでしょうか・・・。
    そこのやりとりも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月19日

    魂の痕跡=魂石が不幸にして砕け散った場所から魂を回収するお仕事、もしくは今死のうとしている人間の魂を無事に死なせて魂石の砕け散るのを防ぎ、来世へ移送するお仕事、でも言うべきテーマで描かれる本作。「魂鎮め」とは一味違うが、砕け散った魂を清掃し、魂石にする役目の天野くん(見た目少年・中身に何が入っている...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月19日

    重く、どっしりとしたシリアスなテーマ。魂→人の生き死にがメイン。描写も申し分ない。今後の展開が楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月21日

    シミケモノがなぜか必死でかわいい。
    変に勧善懲悪でなくていい。
    OLどんまいだけどしょうがない。笑
    気になるから読むと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月13日

    運命から外れた人の魂を回収したり外れて無いの自殺しようとする人を説得したりするサスペンス…なのかな、基本的に死にたいという人にスポットが当たるのですが真面目桜井、人の気持ちわからない天野の凸凹コンビによりそれなりに暗過ぎでなくいいバランスでかかれてます。

    物語としてこのまま魂回収で人の生と死の話...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月27日

    「エウレカセブン」「デットマン・ワンダーランド」の片岡人生先生が描くファンタジー新作。スタイリッシュな画風が好きなら買って損はないハズです。
    人の魂の結晶である魂石を回収する業者である2人の主人公が、その過程で生きる意味や価値について考え悩む本作。ちょっと雰囲気が「死神の精度」的かもしれん。とりあえ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月19日

    良くも悪くも 普通です。
    ありきたりなストーリーで
    新鮮味は感じられませんでした。
    ただ、漫画の構成というか、
    見せ方はとても良いなと思いました。
    キャラクターもたっていますし、
    個人的に絵柄もとても好みです。
    あと一押しだけ欲しかったなぁと感じます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月22日

    「モーニング」掲載時に読んで、結構気に入った作品。すでに読んでいるからと購入を見送っていたけれど、結局買ってしまった。どうやらかなり気に入っていたらしい。

    死神モノともいうべき作品は結構あるのだが、「魂石」とそれを来世に向けて保護する管理人という設定は新鮮で面白かった。主人公たちに「魂を救う」とい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

リヴィングストン のシリーズ作品 全4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • リヴィングストン(1)
    完結
    人間の運命の9割は“魂”によって定められている。現世でその運命を全うした魂は来世へとつながれ成長を続ける。だが、なかには予定外に死亡し、運命どおりにいかずに砕け散ってしまう魂もある。それを防いで魂を適切に管理することが、桜井(さくらい)と天野(あまの)の仕事である。魂が消えゆく危機に瀕するとき、二人は現れる。――前川知大&片岡人生がおくる、“魂”とは何かを問う衝撃作!!
  • リヴィングストン(2)
    完結
    魂は石の形をしている、それを我々は魂石と呼ぶ。ところで「魂」とは何だ? 意識か、記憶か、感情か、それとも…。『デッドマン・ワンダーランド』片岡人生の最新単行本、そして「劇団イキウメ主宰」前川知大の初漫画原作作品。これは、生と死の狭間に在る、魂の物語。
  • リヴィングストン(3)
    完結
    死んでからも生きている人。生きながらも死んでいる人。オレは、どっち? ――魂石から記憶を読み取れる魂の管理人・桜井(さくらい)と、その相棒・天野(あまの)。死んだ魂が、失われた過去の記憶をよみがえらせるとき、何が起こるのか……。
  • リヴィングストン(4)
    完結
    魂の物語、最終巻。「魂」とは何だ? 意識か、記憶か、感情か、それとも…。『デッドマン・ワンダーランド』片岡人生の最新単行本、そして「劇団イキウメ主宰」前川知大の初漫画原作作品。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています