土下座侍  ‐くらがり同心裁許帳(十五)‐
  • 最新刊

土下座侍  ‐くらがり同心裁許帳(十五)‐

作者名 :
通常価格 534円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

かつての同僚が悪事に手を染めているらしい――。
 “土下座侍”大林天馬から相談を持ちかけられた翌日、材木問屋「生駒屋」の主人ら五人が惨殺された。店の丁稚は額に三日月の傷を持つ男、天馬の元同僚・浅見を見たという。追っていたくらがり事件と浅見に意外な共通点があることを知った忠兵衛は探索に乗り出すが、その背後には、ある藩の改易にからむ巨大な陰謀が潜んでいた……。
 迷宮事件を扱う窓際同心の人情裁き。シリーズ第十五弾!

ジャンル
出版社
ベストセラーズ
掲載誌・レーベル
ベスト時代文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2014年10月31日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2012年07月06日

第十五弾
二話で完結の話を含む四話構成
例によって登場人物の記憶あ少ない。
知らなくても問題はないが
気楽に読める

このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~15巻配信中

※予約作品はカートに入りません

11~15件目 / 15件
  • 月の水鏡  ‐くらがり同心裁許帳(十一)‐
    小町娘が脇腹をひと突きされ、次々に殺された。抱き締めるようにして刺したその傷口から、娘たちは下手人に心を許していたものと思われた。定町廻りの同心たちは、小町娘らが心を寄せていた男の足取りを追えば、難なく下手人にたどりつく、そう考えたが、探索は難航した。そして・・・・・・事件はくらがりに落ちた。  迷宮入り事件を扱う窓際同心の人情裁きを描く、大好評の人情時代小説、シリーズ第十一弾!
  • 秋蛍  ‐くらがり同心裁許帳(十二)‐
    江戸で一番の人気を博していた「羽織幇間」であり、流行りの三味線弾きであった瀬戸家玉八郎。その玉八郎が何者かによって拐かされ、出し物を演じる見世物小屋に三千両を要求する脅迫状が届けられた。看板芸人が拐かされたという一大事のはずが、興行主たちの反応ははぜか鈍かった…。  迷宮入り事件を扱う窓際同心がふるった情けの十手。人情あふれる、シリーズ第十二弾!
  • ぼやき地蔵  ‐くらがり同心裁許帳(十三)‐
    殺しなんぞしていない――裁きを下した北町奉行に無実を訴えていたにもかかわらず、大工の磯吉が処刑された。普請請負問屋「丹後屋」の娘を殺めた咎で、伝馬町の牢屋敷につながれていたが、突然の執行であった。南町奉行所の永尋書留役・角野忠兵衛には「腑に落ちぬ」事件である。長年の勘がどうにも騒いだ。事件の裏に隠された真実を探るべく、磯吉の娘のもとを訪ねるが…。  窓際同心が揮う情けの十手。シ...
  • 釣り仙人  ‐くらがり同心裁許帳(十四)‐
    品川のはずれにある岩場。湾深くに迷い込むサバが釣れるとの噂。忠兵衛はその岩場で、サバを何匹も釣り上げる白い髭を仙人のように伸ばした老人と出会った。図らずも老人の招きを受け、泊まることになった忠兵衛。真夜中、中庭で跪く侍に向かい、老人が声を荒げるのを聞いた。「その責めを負って倅は腹を切った。命を賭け、かの人を守るために死んだのだ。」思わぬ出会いがくらがりに落ちた事件に繋がって...
  • 土下座侍  ‐くらがり同心裁許帳(十五)‐
    かつての同僚が悪事に手を染めているらしい――。  “土下座侍”大林天馬から相談を持ちかけられた翌日、材木問屋「生駒屋」の主人ら五人が惨殺された。店の丁稚は額に三日月の傷を持つ男、天馬の元同僚・浅見を見たという。追っていたくらがり事件と浅見に意外な共通点があることを知った忠兵衛は探索に乗り出すが、その背後には、ある藩の改易にからむ巨大な陰謀が潜んでいた……。  迷宮事件を扱う窓際同心...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「くらがり同心裁許帳」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは16,905

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!