ブルーライト 体内時計への脅威

ブルーライト 体内時計への脅威

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
紙の本 [参考] 792円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

スマートフォン、タブレット、LED照明……今や日常生活の至るところで、我々が否応なく過剰に浴びているブルーライト。実は、その光は眼に、人体に深刻な影響を与えている。眼精疲労や加齢黄斑変性など眼への影響だけではなく、夜間に過剰なブルーライトを浴びると体内時計が壊れ、心身に変調をきたすのだ。LEDディスプレイから発せられる、そうした光をカットするPCメガネの登場など世の中の関心が高まるなか、増え続けるブルーライトの使用に警鐘を鳴らし、対策を伝授する。【目次】はじめに/第一章 ブルーライトはハザードか?/第二章 ブルーライトはどこから出ている!?/第三章 ブルーライトと時計遺伝子/第四章 ブルーライトと健康/第五章 ブルーライトとの付き合い方/おわりに

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
200ページ
電子版発売日
2014年06月27日
紙の本の発売
2013年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

ブルーライト 体内時計への脅威 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2014年02月09日

    CRTよりも目に優しいと言われた液晶ディスプレイから放たれるブルーライトは眼にダメージを与えるという。そんなことも含め、人間が「リズム」を基本に命を長らえていることがよくわかる。喰う、寝る、食べる、があらゆることの基本かと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月12日

    タイトルから想像される内容以外にも、視覚の仕組みについてやそもそも光についても書かれており、知識が増える。タイトルがちょっと尖り過ぎなんじゃないかと感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月28日

    文字通り、ブルーライトの体への影響を書いた一冊。

    現在はLEDライト全盛なので非常に恐ろしく感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月02日

    ブルーライトのいいことわるいこと、深い!
    ただ、ブルーライトの話は面白いけど、作者の睡眠に対する理解はいまいちな気はする。

    P178 7.5時間が理想的、90分サイクルだからちょうどいい、 という記述あたりとか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月15日

    ブルーライトを長時間浴びるとビジュアルサイクルが追いつかず、目のかすみや視力低下の原因になるだけでなく、網膜に不要な老廃物が溜まり炎症の原因になる。また、就寝一時間前のメールチェックはエスプレッソコーヒー2杯分の覚醒作用があることも分かっている。他方、ブルーライトを浴びることで認知症の進行を妨げる研...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月01日

    近接して、長時間強い光を見続けるというのは現代社会における精神的生理学的脅威である。そのリスクが広く社会の共通認識となってほしい。

    紫外線が危ないのかと思っていましたが、もっと広く身近な危険があったのですね。
    そういわれてもなかなか手放せませんが。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月22日

    ブルーライトのことはそれほど意識していなかったが、スマホにして眼精疲労が増したのは間違いない。
    まだ研究が進んでいるところだろうが、加齢性黄斑症の増加がこれかと。
    アンチエイジングにまで話は進んで子供のためにも豆電球は消すことにした。
    一箇所研究者が怪しい実績があったが、なかなか読ませた。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています