女の家庭

女の家庭

作者名 :
通常価格 641円 (583円+税)
紙の本 [参考] 649円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

弱電会社の社員の夫とともに、娘を連れてパリから日本に戻った永子。同居する姑や小姑とのトラブル、娘の教育問題……外交官の両親をもち海外暮らしが長かった永子は、想像を絶する日本的な気苦労のまっただ中におかれる。忍従の先の幸せが、はたしてあるのか? そんな中、陰ながら永子を支えるひとりの男の存在で心は揺れ動く。“家庭”という迷宮の光と影を描き出す、傑作人間ドラマ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
電子版発売日
2014年06月13日
紙の本の発売
2014年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

女の家庭 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年11月15日

    嫁、姑、小姑バトル。

    姑、小姑の性格が悪すぎるんだけど、主人公に分がありすぎて、そこがまた面白く読める。

    自分にこんな姑いたら絶対無理。この人だからやっていけてると思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月22日

    すっきりとはしない、けれど現実的にはこれが理想なんじゃないかなという結末。
    書かれたのが昭和51年辺り、なら「夫の家族は他人」という考えをすっぱり表明して見せたこの小説は、相当前衛的なものだったんじゃないだろうか。
    何にせよ、夫が「自分の家族は妻と子」と思ってくれるのは幸せなことですね。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年01月18日

    人から勧められた日本の女性作家さんの中に平岩弓枝さんがいたので、一冊読んでみようとおもってこれを読んでみた。

    どひゃー。
    って、なんども声が出ちゃうぐらいの男性主体の時代の「出来たお嫁さん」のお話。
    昭和51年の作品だから、わたしの親よりも上の世代の「結婚生活」が描かれてる。

    夫はエリート。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています