社会保障亡国論

社会保障亡国論

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 924円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

消費税が増税されると本当に社会保障は充実するのか。現在わが国の社会保障給付費は、GDPの約4分の1にあたる110兆円を超える規模に達しており、年間3~4兆円というペースで急増している。消費税率の引き上げの効果は3~4年で消失する計算となる。年金・医療・介護・子育て支援など、「少子高齢化」日本を暮らす人々の不安は拡がる一方だ。社会保障財源の現状を具体的に改善する議論と給付の抑制・効率化策も提言する。(講談社現代新書)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社現代新書
ページ数
296ページ
電子版発売日
2014年04月25日
紙の本の発売
2014年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

社会保障亡国論 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年02月09日

    至極もっともな事が書いてある良書。孫子の財産を食いつぶしている今の状態が異常なのはもっとも。

    まず本書をリタイアした世代に読んでほしい。いや、おそらくかなりの数の人たちは、薄々気づいているはず。それでも、未だに、選挙になると、老人医療にしろ、年金にしろ、甘い事をささやく政党に一票を投じる。

    グル...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月14日

    社会保障制度を経済学の観点から分析し、財政健全化のために課題と解決策を分かり易く示した良書。現在の借金まみれの財政から考えるに、公費投入と給付抑制を実現する「身の丈に合った社会保障」は納得。世代間格差を是正する相続税率UP、中高所得者にも配分される公費投入の廃止、社会保障産業の高コスト脱却など、具体...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月11日

    現状の社会保障制度のままでは日本は「亡国」するという真っ当な論。問題は最終章に書かれている、社会保障に関する財政の正確な情報・統計の不在、「共有資源」として使いたい放題の放置、の2点に尽きる。

    自分の世代(40代)はかろうじて耐えられるが、子どもの世代のことを考えると本当にまずい事態だと認識した。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月09日

    これは!必!読!

    オジイちゃんオバアちゃんやみんなを守るための・・・
    社会保障によって・・・
    日本が・・・
    生き地獄に・・・
    なっちゃうよ!!
    という本・・・

    社会保障って・・・
    年金、医療、介護、雇用などの社会保険と・・・
    生活保護や保育などの社会福祉のこと・・・
    ヤバイ時の公的支援制度ですね...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月14日

    現状の社会保障が財政的に持続不可能という著者の現状認識やある程度市場を活用して社会保障給付を縮減するという方向性での著者の提言には基本的に同意するが、社会保障財源としての消費税に対する低評価には賛同できなかった。新型相続税というアイデアは興味深いが、消費税の代替財源にはならないのではないかと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月06日

    社会保障とは、ピンチの時の公的支援
    高齢化社会の安定財源は、消費税ではなく相続税
    公費投入縮減、給付の抑制、効率化
    生活保護改革、魚を与えず釣り方を教えよ
    最低賃金の減額措置制度

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月27日

    良書。
    お先真っ暗とはこのこと。
    国に騙されないようにしなてはいけない。
    改革は絶対必要。待った無し。
    自己防衛が必要かな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月12日

    本書を読む人は、年金制度の不公平さが、自分の身に一番応えることとして印象に残るかもしれないが、問題はそれにとどまらない。
    このままいけば社会保障制度が崩壊する。

    社会保障制度の崩壊というのは、社会基盤の崩壊である。
    そのときどうなるかというと、高齢者だけ限ってみても、病気になっても病院にかかれない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月05日

    改革提案の部分は手薄だが、日本の社会保障の現状を手っ取り早く知るには良書。巷でよく言われている「社会保障費は年間1兆円の増加ペース」は氷山の一角であり、真実はもっと深刻である。なぜならばマスコミの言う「社会保障費」は正確に言えば「社会保障関係費」のことであり、「国が」「税金で」負担している分しか考慮...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月23日

    社会保障の安定化や財政再建には、消費増税は役立たない。相続税にシフトし、無駄なバラマキや非効率な仕組みを改め、適正料金で市場に競合させよ。

    福祉にはお金が足りない、回っていないから大変なんだと思っていましたが、補助金で黒字になっていたとは知りませんでした。許認可なしにやるのが悪、みたいに言われてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています