僕は運動おんち

僕は運動おんち

作者名 :
通常価格 486円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

運動も勉強もできず、落ち込みがちな高校生の勝。運動音痴から「うんちゃん」とあだ名され、同じ高校に美しい妹が入学してからは変に目立って、ますます死にたい毎日。そんな中、詩を書く柔道部の男子と親しくなり、彼の幼なじみである、髪の長い女子柔道部エースに恋してしまう。なぜか運動部にも入部するハメになり、学校生活は予想外の方向へ――。笑えて元気が出る青春小説。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
296ページ
電子版発売日
2014年04月04日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2013年02月21日

ダメダメ『うんちゃん』の会話がおもしろくて笑えます。笑えるところと青春だなあと感じるところがたくさんあって進む本です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年06月20日

枡野浩一のセンスに感服!

石川くんといい、この小説といい
なんて心温まる書き方!

はたから見るとくだらないことだけれど、本気で悩んで青春を生きているうんちゃん。

自殺したいと、思った時に 時差!時差!って叫んじゃうところが
ほんと面白い。
でも本人は真面目なんだよなぁ。

女である私でも
男の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年02月20日

近いうちに自殺しようなんて思ってる主人公だけど、ほんとは自殺なんかしないだろうなというのがわかる文体で書かれていて、おもしろい。自分の考えとは違った方向にどんどん進んでいって(いろんなことに巻き込まれていって)、ほんわかと今後に期待を持たせるラストになってるし、「いいなー、高校生」って感じ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年01月11日

賛否両論あるかもしれないけど、わたしはこの話し結構好き。弁当がわけられなくなったあと宇佐田くんの影が薄くなってしまったけど、最後はやっぱり宇佐田くんが再登場してよかった。さすが青春時代だ若干の下ネタ的な部分もあるけどそこも爽やかに記されている。ただ他のレビューにもあるように話しの内容は薄い!例えばい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年08月20日

初枡野浩一。すごくアップテンポな小説。アップテンポと言っても展開が急なわけではなくて、むしろスローテンポなんだけどすごく軽快な話運びというか。主人公のキャラ設定がすっとぼけていて、真っ直ぐだけど愚直で、すごく温かいのに時折毒を吐いて、魅力的なことこの上ない。そして、頻繁に挿入される宇佐田の詩がすごく...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています