じつは「おもてなし」がなっていない日本のホテル

じつは「おもてなし」がなっていない日本のホテル

作者名 :
通常価格 720円 (655円+税)
紙の本 [参考] 836円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

2020年に開催が決まった「東京オリンピック」。 6年後に世界中からの巨大な需要が見込まれる観光業だが、実質的な競争のスタートとなるのは、2014年から始まる“第3次”ホテル戦争だ。遡れば、バブル時代を挟んでの外資系ホテルの上陸が“第1次”ホテル戦争であり、リーマン・ショックを挟んでのアジア系ホテルの上陸が、“第2次”ホテル戦争であった。だが、“第3次”ホテル戦争の幕開け直前に発覚したのが、世間を賑わせた食材偽装問題……。かくも「劣化」しきった日本のホテルが、失われた信用と信頼を取り戻し、外資系ホテルの再攻勢を迎え撃つことはできるのか?30年以上、ホテルを心底愛し利用してきた筆者だからこそ描ける、地に堕ちたホテル運営の現実と、6年後を見据えた“再生への道”。ホテル業界の最新動向から「観光立国ニッポンの未来」をも探る、憂国のルポルタージュ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP新書
ページ数
224ページ
電子版発売日
2014年04月04日
紙の本の発売
2014年02月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
3MB

関連タグ:

じつは「おもてなし」がなっていない日本のホテル のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年03月19日

    非常に興味深い内容だった。日本の高級ホテルには泊まったことがないが、憧れはある。しかしながら、欧米のような☆ランクがなく”勝手に”名乗っているという点には驚いた。
    食材偽装問題が世間を賑わせたが、食材だけでなく”ホテル運営”そのものが偽装されているということだ。
    ホテルのブッフェが流行るからくりにも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月27日

    ○有名ホテルの総支配人を歴任した桐山氏の著作。
    ○昨今の有名ホテルでの食材偽装問題などを考察しながら、日本のホテルの問題点や課題について明らかにしている。
    ○欧米のホテルと日本のホテルがここまで違うのかということが改めて分かった。ただ、超一流の外国のホテルと日本のホテル全体を比べてしまうのには、ちょ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月30日

    ビュッフェレストランが異常に増えたのは、スタッフが少なくてすみ経験不足でも務まるから。加えて人件費が削減できるばかりか売り上げも見込める。ホテルの質的低下がこれでもかと言わんばかりに列挙されている。読み進むほどに暗澹たる思いが重くのしかかる。どこへ行っても一律10%のサービス料。増嵩する炭水化物メニ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています