志を育てる―リーダーとして自己を成長させ、道を切りひらくために

志を育てる―リーダーとして自己を成長させ、道を切りひらくために

作者名 :
通常価格 1,496円 (1,360円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

●歴史的に見ても、多くの偉人が志を持って生きていくことの重要性を解いてはいるが、志とは何なのか?それはどうやって育まれるものなのか?等について言及されたものはほぼ見当たらない。
●グロービスも志の涵養を謳ってはいるものの、具体的な方法論などについて議論することは今のところできていない。探し続けることが重要というメッセージに留まっている。
このような問題意識の中、30名近い、様々な分野で活躍する人たちにインタビューをする中で見えてきた、「志が生まれ、育っていくプロセス」に関する調査結果を書籍化することを通じて、志を探す意識の高い層への刺激(どうやって「志」を見つけた人が多いのかという情報を通じて自らを振り返る)とヒントを与えたい。
【主な内容】
第1章 「志」とは何か

第2章 志醸成のサイクル

第3章 志のサイクルに影響を与える要素

第4章 志の成長の方向性

第5章 事例編

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
東洋経済新報社
ページ数
264ページ
電子版発売日
2014年03月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

関連タグ:

志を育てる―リーダーとして自己を成長させ、道を切りひらくために のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年02月15日

    グロービス田久保さん著、心の琴線に触れる素晴らしい本。
    2年かけてインタビューされたという色々なビジネスパーソンの気持ちについつい感情移入(;_;)
    松下幸之助さんの言うとおり、志を立てるのに、老いも若きもないのですよね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月09日

    今年読んだ中での(今のところの)ベスト本。
    出版記念セミナーに参加して、
    本を頂いたのですが、セミナーの内容がとても良かったので、
    すぐに読んでしまいました。

    まず、「志とは?」という志の定義から考え、議論を行い、
    志が生まれるサイクルを多くの人のインタビューから、
    導き出しています。

    読みどこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月31日

    「志」という一見、とても大きなことのような、それでいて少し捉えにくい言葉だと感じていましたが「志」とは一体、どういうものなのかについて様々な方からのインタビューを通して、まとめられた本です。
    私なりこの本を通じて「志」とは、始めから持っているものではなく、志は生まれ、育て、成し得るもので、ただ始めは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月08日

    グロービスの田久保さんの志セミナーに参加して、とても良い内容だったので本も読んでみた。
    志には小さなコト(小志)から大きなコト(大志)へと醸成されていくことに納得した。
    特に志の成長サイクルと影響を与える要素については、今まで考えたこともなかったので目から鱗な内容だった。
    実際に経営者や著名人にイン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月14日

    2013年 2冊目(2/50)

    自分の中の志を、さらに鮮やかに言語化するのに非常に役立ちます。志がはっきりしていない人、そもそも志って?という人にはもってこいの本。

    自分にとっては、自分の志が生まれた経緯や、質の確認になりました。言語化することで、強化していきます。

    志は、知ってしまうと、No...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月04日

    本書では、志という曖昧なワードを「一定の期間、人生をかけコミットできるようなこと(目標)」と定義し、インタビュー調査の結果から志が醸成されるメカニズムを解説している。個人的には自問自答の前の客観視をどこまで素直に出来るかがカギを握っているような気がした。事例では、カネボウ化粧品・元COOの知識さんの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月25日

    すごい人たちの志がどのように変化していったのかのまとめ。

    小さい志の達成を積み重ねて、大志を成す。というのは、なんか、しっくりこなかったので、前半で一度読むのを辞めたが、1ヶ月ふりに読むとまた違った目で読むことができた。

    筏下りと山登り。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月04日

    志というと、立派でなければならないもの、というイメージが強かったが、「一定の期間、人生をかけてコミットできるようなこと」という定義と、志を醸成するプロセスを読み、自分が難しく考えすぎていたことに気づかされた。
    自分なりのやり方て、志を見つけ、それに取り組むなかで起動修正したり、新たな志を見つければよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月14日

    ■志
    1.志は時に、自分の行動が正しいかを確認する心のアンカーとしての役割を果たす。
    2.常に新しい価値を顧客に提供しているかを自分に問う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月01日

    グロービス経営大学院の田久保氏が約2年をかけて志に関する研究を行った成果がつまった本。

    大きな志とはある日、ふっと頭に浮かんでくることはなく、様々な経験を通して紆余曲折しながら醸成されるものであるとのこと。

    目標を立て、それに邁進する。その取り組みはどこかで終わり、結果を客観視する。自問自答を繰...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています