昭和天皇伝

昭和天皇伝

作者名 :
通常価格 1,018円 (926円+税)
紙の本 [参考] 1,100円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ブックライブ10周年記念】特別企画開催中!

作品内容

第15回(2011年)司馬遼太郎賞受賞作。
日本の命運を若くして背負わざるをえなかった君主はいかに歩んだのか。昭和天皇の苦悩と試行錯誤、そして円熟の日々――。我々は後年の円熟味を増した姿で昭和天皇についてイメージし語ってしまいがちだが、昭和天皇が即位したのは25歳。世間では天皇の神聖さが説かれていても、右翼や保守派の重臣たちは天皇をかなり手厳しく見ていた。本書は側近や実力者たちが残した膨大な日記など、一級の史料を丁寧に掘り起こし、生真面目で気負いのある若かりし頃から晩年にいたるまでの多面的な昭和天皇の姿を描く。「昭和」という時代を理解するために必読の評伝!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / 人物評伝
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
電子版発売日
2014年03月28日
紙の本の発売
2014年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

昭和天皇伝 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年11月13日

    確かな史料に基づいて書かれた、読みやすい昭和天皇の伝記。客観的な視点に立ち、昭和天皇の判断、行動、思いや考え方について、とてもよく研究されていると思う。昭和天皇を知る上で第一級の書籍であると思う。印象的な記述を記す。
    「現代の高みから、当時の世界でどこにも行われていなかった政治基準を設定して、旧憲...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月21日

    *この文章は、歴史上の人物としての昭和天皇を描いた作品の感想文のため、敬語を使用していません。

    60年以上という、歴代最長の期間に渡り在位した、昭和天皇。
    自分自身は、昭和天皇の晩年、一般参賀等のTV報道での姿を目にしたという経験しかないのですが、じっと前を見据えた立ち姿に、他の人物にはない、強い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月05日

    膨大な犠牲者を出した泥沼の戦争・・・
    そして焼け野原からの復興と繁栄・・・
    日本の歴史上、昭和の激動っぷりはハンパない・・・
    ハンパない激動期の日本を現人神として、そして象徴天皇として歩まれた昭和天皇・・・
    その昭和天皇の伝記、評伝・・・

    昭和天皇には歴代「最高の天皇」という評価がある一方で、戦争...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月18日

    25歳で即位し、日本史上最長の在位期間にして、史上、最も困難な時代を生きた。ボクは支那事変から太平洋戦争に至る昭和天皇陛下の戦争責任を否定しない立場なので、本書は若干甘い歴史観で昭和天皇を捉えているような気がする。それでも、陛下がおかれた激動の時代への同情を禁じえない。大正デモクラシーの影響を受けた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月13日

    昭和天皇を身近に感じることが出来た。昭和天皇の周囲にあまりに人がいなかったことが、悲劇を生んだような気がする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月21日

    歴代天皇の中でも最長在位、最高齢を誇る昭和天皇。物心ついた
    頃から私にとっては「優しそうなおじいちゃま」だった昭和天皇
    なのだが、崩御後に出版された様々な昭和天皇関連書籍を読む
    うちに「この人を知らなければ自分が生まれ、育った時代を
    理解することが出来ないのではないか」と思った。

    多くの関連書籍が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年09月18日

    国家の象徴に生まれるとか想像できますか?昭和天皇の生涯を綿密にまとめた一冊。同時に昭和の戦争の時代を総覧できる。


     象徴。シンボル。前に司馬遼太郎の本でシンボルの語源はギリシア語の「割符」から来ているとあった。象徴とは半分なのである。とあるものの本質の一般共通項という半分だけを表すものがシンボル...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています