「伊藤之雄」おすすめ作品一覧

【伊藤之雄】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/03/27更新

ユーザーレビュー

  • 伊藤博文 近代日本を創った男
    伊藤博文の成し遂げた事績を考える内容を含む本を、読んだことが無い訳ではないが…正直、伊藤博文に関しては、個人的には「小中学生の頃に手にした、小遣い銭の千円紙幣に在った肖像画」というイメージの以上でも以下でもない…が、色々と「新しい状況への対応?」という現代のような時代であるからこそ、伊藤博文のような...続きを読む
  • 昭和天皇伝
    *この文章は、歴史上の人物としての昭和天皇を描いた作品の感想文のため、敬語を使用していません。

    60年以上という、歴代最長の期間に渡り在位した、昭和天皇。
    自分自身は、昭和天皇の晩年、一般参賀等のTV報道での姿を目にしたという経験しかないのですが、じっと前を見据えた立ち姿に、他の人物にはない、強い...続きを読む
  • 昭和天皇伝
    国家の象徴に生まれるとか想像できますか?昭和天皇の生涯を綿密にまとめた一冊。同時に昭和の戦争の時代を総覧できる。


     象徴。シンボル。前に司馬遼太郎の本でシンボルの語源はギリシア語の「割符」から来ているとあった。象徴とは半分なのである。とあるものの本質の一般共通項という半分だけを表すものがシンボル...続きを読む
  • 昭和天皇伝
    膨大な犠牲者を出した泥沼の戦争・・・
    そして焼け野原からの復興と繁栄・・・
    日本の歴史上、昭和の激動っぷりはハンパない・・・
    ハンパない激動期の日本を現人神として、そして象徴天皇として歩まれた昭和天皇・・・
    その昭和天皇の伝記、評伝・・・

    昭和天皇には歴代「最高の天皇」という評価がある一方で、戦争...続きを読む
  • 原敬 外交と政治の理想(下)
    【下】は桂園時代から大正政変を経て、政党内閣の誕生、暗殺までを追いかけている。民主主義を確立する過程として藩閥官僚制から政党内閣による立憲君主制をめざしたのが原敬ということになるのかな。
    今の政治がすべてうまく機能しているわけじゃない。どうすればいいのか。個人的には政党政治の限界を感じているし、実は...続きを読む

特集