ことばの国

ことばの国

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

日本が英・米・豪、そして中国と開戦。英語と漢語、漢字までも敵性語となったとしたら!? 偶然送信されてきた、間違いファクシミリが引き起こす大乱戦珍騒動。曖昧なファッション用語が招くフツーの生活のコンラン、ドタバタ……。氾濫する外国語。使用禁止ことわざ。スピーチ。あらすじ。手垢のついた言い回し。廃語辞典。討論。手紙などなど。ことばと言葉にたいする徹底究明的パスティーシュ小説集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2014年03月07日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ことばの国 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2014年01月06日

     テーマが「言葉」(清水文学の真骨頂!)で、装丁が南伸坊で、解説が宮部みゆき……最高の組み合わせの一冊! 三者とも、素晴らしい仕事をしている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月06日

    清水さんお得意の言葉遊び。清水作品とは『国語入試問題必勝法』で出会って以来、日本語をテーマに大いに楽しませていただいた。結果として、日常何気なく使っている言葉の用い方について改めて意識するきっかけともなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月07日

    面白い話とそうじゃない話の差が激しいのだけれども、にやりとさせられる部分が多かったのでこの星数。
    いつの時代も言葉は変わりつづけて、都合のいいように歪曲していくなか、栞を挟むように当時の言葉を風刺する書き口は2010年代になっても通ずる面白さがあったことに驚く。
    文明の進歩とともに、どんどん新しい言...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月11日

    ことばの面白さをテーマにした短編集。外来語が使えなくなった世界や、結婚式のスピーチなどその状景を思い浮かべるだけで、笑ってしまいそう!
    『石橋を叩いて傷害罪』が傑作です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月24日

    言葉の面白い話を思いつくままに書いたら一冊の本になりました。あとがきはそんな言葉で始まっていた。え、これのどこが面白い話なの?と驚くままに発行年を調べたら1990年。これを見ると、時代とともに我々の感性が変化していることが顕著だ。言葉のおもしろさとはこんな揚げ足取りの屁理屈の中にはない。もっと言葉特...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月15日

    何も考えずに笑いたくて買ったけど、「言葉の戦争」という短編では特に、日本語と言葉の使い方について思わず考えさせられた。一日くらい大和言葉のみで生活してみるのも良い経験かもしれない。外来語の定着度や便利さに気付けるだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ちょっと古いので、内容もかなり古くなってしまってるんですが(最近ファックスってあんまり見かけないような気がする)普遍的に面白いところは面白いです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング