長崎県五島列島の島の旧家に400年前から伝わる稀覯本。その内容を誰かが読めば、世界のすべてに災いを及ぼすという言い伝えが残されていた。旧家の主は禁を破ってその本の鑑定を専門家に依頼する。依頼されたのは、半井優一ことル・シャスールと、ファン・ドースブルフ教授ことミスター・クラウンだった。本の中身は? 祟りは本当にあるのか? そして、ル・シャースルとミスター・クラウンの因縁が明かされる!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社ノベルス
ページ数
184ページ
電子版発売日
2014年02月28日
紙の本の発売
2014年01月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

書物紗幕

Posted by ブクログ 2014年03月26日

「書物狩人」の最終章。
長崎の孤島で起きる、連続殺人事件を冷理な推理で解決していく。宿敵との対決も果たす。
因習に関わる書物を巡って、事件は勃発して波紋が広がる。抜群の構成力に引っ張られて息もつかせず物語は進んでいく。感情を現さない書物狩人が、今回は探偵を担い顔を赤らめて事件の真相を暴いて行き、宿敵...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

書物紗幕

ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年10月31日

シリーズもこれで最後かと思うと寂しいです。
書物に関するこういう世界が本当にあるとかもしれないと想像するのは楽しく、あまり難しい本は読まない私ですが毎回歴史の勉強にもなったり面白かった。
ル・シャスールがまだ生きてどこかにいることを私も信じたい。

このレビューは参考になりましたか?

書物紗幕

Posted by ブクログ 2015年03月29日

ル・シャスールの物語も最終巻。
紗幕というタイトルが、書物狩人とミスター・クラウンの存在を象徴してますね。
見えるようで見えない薄さ。オモテとウラを行き来する彼らにぴったしです。


ミスター・クラウンとマスター・キートンの意外な相似。30年もすれば、次代のル・シャスールの目標となった可能性のある書...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

書物紗幕

Posted by ブクログ 2015年02月15日

シリーズ完結。

でももう少し読みたい。
あとお父さんの番外編とか読みたい。

書物を取り扱うミステリーで
中々好きなシリーズでした。

このレビューは参考になりましたか?

書物紗幕

Posted by ブクログ 2014年05月11日

書物狩人シリーズ第8弾で完結編。今回でミスター・クラウンとの因縁や、ル・シャスールの過去が少し明かされたけどあの終わり… しばらく休んで続編出せるようにしてるのかな?

このレビューは参考になりましたか?

書物紗幕

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年01月19日

今回の舞台は日本。ノストラダムスの預言書を巡る書物偽造師との対決。
1970年代に多感な時期を過ごした者にとって、五島某による一連のノストラダムス関連書籍は、オウム信者ならずとも影響を受けた筈だ。
本書では宗教、信者の持つ暗黒面に触れているのだが、舞台が国際的なものから日本へと移り縮小した印象が強い...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?