怪物が覗く窓

怪物が覗く窓

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

19歳の良太はドアスコープを付けた部屋で引きこもり生活を送っていた。父親はそんな息子を「怪物」と呼んで嫌悪する。やがて閉塞した良太の人生に転機がきた。向かいに若い女性が越してきたのだ。部屋の窓から眺めるその姿は、良太を久々に表の世界へ誘い出した。しかし、その女性が何者かに殺され、父は「ウチの変態息子」の仕業と決めつけた。だが…。意外な真相に戦慄する新感覚ミステリー。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

怪物が覗く窓 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    意外な結末が楽しめる作品だった。怪物とは誰のことを言っているのか?最後までわからなかった・・・。引きこもり青年が恋をした女性を殺した犯人も、なんだか意外だった。読み終わったら、ある登場人物の、あまりの自己中さにいらっとした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月13日

    吉村達也さんの本は昔「文通」というホラーを読んで震え上がった記憶があり、久々に作品を手にとってみようと思い読みました。

    読みやすいんだけど、正直殺人事件の犯人の正体には肩透かしを食らった気分。
    そんな伏線あったかなぁ?という感じ。
    「怪物とは誰のことを指してるのか?」って考えると、それはそれで別の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月17日

    父親への反抗で良太は高2の時から引きこもっているが、19才になり、向かいに引っ越してきた女性に一目惚れ。3年ぶりに外と接触をはかろうとした矢先、その女性が殺されてしまい……

    最初は良太視点、途中から弁護士視点。二転三転する推理が面白かったような。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月17日

    2時間ドラマの最後、刑事と犯人が向かい合い犯行手段が明かされていく場面のようだ。一番犯人らしい人物が真犯人ではないお決まりのコースといった感じだ。
    実際エリートの育つ家庭とは、多少の差はあれども、こんな感じなのだろうか。
    親が居ながら愛情を受けずに育った子どもはどう成長するのか。
    いくら頭が良くても...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    タイトルにつられてあらすじ読んで買ったんですけど、結論からいうとあらすじは適当でタイトルは間違ってないか。引きこもり青年はストーリー始まった段階で既に引きこもりを脱却してるわけで…序文の後に入った文章のおかげで時系列が謎だし…モンスターペアレンツに引きこもりにストーカーに不倫略奪愛に親子断絶にめ〜て...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    本当の怪物は誰なのか、っていう。人間心理を描くのが本当に上手い・・・。終わり方がハッピーエンド的な感じだったのが救い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月24日

    19歳の良太はドアスコープを付けた部屋で引きこもり生活を送っていた。父親はそんな息子を「怪物」と呼んで嫌悪する。やがて閉塞した良太の人生に転機がきた。向かいに若い女性が越してきたのだ。部屋の窓から眺めるその姿は、良太を久々に表の世界へ誘い出した。しかし、その女性が何者かに殺され、父は「ウチの変態息子...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    2008/10/19

    嫁さんが暇つぶしに買った本。
    何年ぶりかで読んでは見たものの・・・
    ぜんぜん「恐怖ミステリー」じゃないやん。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています