厳重に戸締まりされた「黄色い部屋」に侵入し、スタンジェルソン嬢に血まみれの重傷を負わせたのは誰か――!? 昼なお暗い森の館で企まれた奇怪きわまる密室殺人。この恐るべき謎に挑むべく、弱冠18歳の青年記者ルールタビーユは、勇躍、世紀末のパリを出発する……。息づまるサスペンスと巧みなストーリー・テリング。『オペラ座の怪人』の作者ルルーがおくる、“密室ミステリー”の古典的名作!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
386ページ
電子版発売日
2014年02月07日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

黄色い部屋の謎 乱歩が選ぶ黄金時代ミステリーBEST10(2)

Posted by ブクログ 2010年03月25日

私が古典的名作を読むきっかけになった作品です。

もちろん今の時代から見たら多少微妙なとこもあるし、

この作品以上の名作も多々あります。

だけど密室トリックの草分けな存在なのはもちろん

トリックを解いていくルールタビーユの軽快な動きや

理屈っぽいとこなんかはすごく展開が早く読みやすかったです...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?