大人も子どもも心にさまざまな重圧がかかっているいま、カウンセリングや心理療法に心のケアを求める声が大きくなってきている。本書は、カウンセリングとはどういうものかから、いかに悩みや苦しみを受けとめ、対処していくかまでを根本から語っている。(本作品は一九八五年四月、創元社から刊行されたものを、文庫収録にあたり再編集したものです)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社+α文庫
ページ数
360ページ
電子版発売日
2014年02月07日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • カウンセリングを語る(上)
    通常版 1巻 756円(税込)
    大人も子どもも心にさまざまな重圧がかかっているいま、カウンセリングや心理療法に心のケアを求める声が大きくなってきている。本書は、カウンセリングとはどういうものかから、いかに悩みや苦しみを受け...
  • カウンセリングを語る(下)
    通常版 2巻 702円(税込)
    ユング心理学の第一人者が、日本人のカウンセリングについて、人生の実際問題との対し方についてなどなど、人生観や死生観、宗教観などもからめて、わかりやすく語る。人の心が描く、思いも寄らない軌跡が...

カウンセリングを語る(上)

Posted by ブクログ 2012年09月26日

以前「心の処方箋」で河合隼雄さんの本を初めて読んだ。ゆるやかな物腰で、はっとさせられることが時々ある。本書はさらっと書いてあるので、箇条書きしてまとめにくい。
良いと言われることを全く断言することがないこと、要するに人や自分の見方・感じ方に絶対はないし、いいところもあれば悪いところもあるし、絶対的な...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

カウンセリングを語る(上)

Posted by ブクログ 2009年11月01日

手元においておきたい本
カウンセラーとして仕事をしている人に、是非読んでもらいたい。

20091102

このレビューは参考になりましたか?

カウンセリングを語る(上)

Posted by ブクログ 2009年02月03日

2009.02.03. こういう風に、とてもわかりやすくカウンセリングのことを話せるのは河合さんくらいだろう、と思う。ネガティブな言葉を使わない、駄洒落もおもしろい、本当に素敵な話し方をされる。「おもしろい」をいろんな意味、重みを持たされて使われるのが印象的。具体的な症例があんまり出てこないのも助か...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

カウンセリングを語る(下)

Posted by ブクログ 2007年10月18日

本当にこの先生の本は読みやすい。とてもあったかく優しい感じがする。ただ、生半可な気持ちでカウンセラーにはなれないと実感した。

このレビューは参考になりましたか?

カウンセリングを語る(下)

Posted by ブクログ 2018年06月03日

上巻が良かったので、下巻も。

とにかく読みやすい。
カウンセリング、特に教育分野のカウンセリングが気になっている人にはオススメ。

読んでいると、自分に思い当たる部分があって、納得したり恥ずかしくなったりする。
母的役割を求められているのか、でも、何でも無制限できるわけでなし。
一方で、理不尽に怒...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

カウンセリングを語る(上)

Posted by ブクログ 2018年05月28日

学校の先生向け?の講演をまとめたもの。
カウンセリングとは、どういう姿勢でのぞむものなのかが、非常に分かりやすく、時に面白く語られている。

これを読むと、カウンセリングなんてただ聴くだけのものだ、とも一概に言えないし、絶対に効果が出るものだ、とも言えないのだなと思う。
当たり前だけど、ひと一人と向...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

カウンセリングを語る(下)

Posted by ブクログ 2013年02月01日

下巻の方は、カウンセリング諸派の比較などから始まり、 より実践的な内容です。

10年前に買った本を、ひょんなことから手にとりました。
当時には感じなかったことを、ひしひしと感じます。

積読もしとくもんだと。

このレビューは参考になりましたか?

カウンセリングを語る(下)

Posted by ブクログ 2012年01月12日

上巻に続く、カウンセリング講座の講義をまとめた本です。カウンセラーは、常に自分を知ることを続け、クライアントの問題を自分の中の一部にもある、たましいの一部であることを認めていくという作業が必要不可欠であるということが解りました。

このレビューは参考になりましたか?

カウンセリングを語る(上)

Posted by ブクログ 2012年01月07日

河合隼雄先生のカウンセリング講座をまとめた本です。人と人が関わりあう時の接し方が、体験に基づいて話されていて、とても興味深いです。いつも謙虚な河合先生のスタンスは尊敬します。

このレビューは参考になりましたか?

カウンセリングを語る(上)

Posted by ブクログ 2011年12月10日

講演を元にした河合氏のカウンセリング論。
すでに他書で重複する部分も多いが、繰り返し述べられていることの重要性は痛感した。

以下、感銘した内容
・自分で考えて他人の役に立つと思ってすることが、かえって有害であることも多い。勝手に「分かった」と思っても、それは真の理解からほど遠いことが多い。 ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?