寺山修司少女詩集

寺山修司少女詩集

作者名 :
通常価格 669円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

なみだは にんげんのつくることのできる 一ばん小さな 海です(「一ばんみじかい抒情詩」)少女の心と瞳がとらえた愛のイメージを、詩人・寺山修司が豊かな感性と華麗なレトリックで織りなすオリジナル詩集。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年06月03日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

「寺山修司少女詩集」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2015年11月28日

数年前、インターネットの海で初めて見た「階段」という詩がとても好きになって、以来ずっと大切にしていたのです。

初めて見てからほんの数週間ほど前まで、きっとわたしの知らないどなたかが書いた詩なのだろうと思っていましたが、何故だか突然誰が書いたのか?もし手に入るなら手元に置きたいと思いついて、インター...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年09月11日

 初めて読んだ寺山修二の本が「家出のすすめ」だったせいだろうか。
 あれから彼のどの著書を読んでも、寺山修二に対するイメージは「家出少年」のまま変わることがなかった。「身捨つるほどの祖国はありや」と彼が詠んだ歌があまりにもインパクトが強かったせいもある。
 
 だがこの本を読むことにより、また一つ別...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年04月21日

透明で瑞々しいけど残酷な世界観。宝石の名前のついた詩はどれも好き。キラキラしてるけど最後に裏切られる。バイブル。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年07月09日

大変、美しい詩集でした。
この詩集を読むまで、はっきりいって私は詩に興味がなかったのですが、この詩集が持つスケールの大きさ、瑞々しさ、優しさ、美しさに心惹かれて、少しだけ詩を読むようになりました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月14日

現実と非現実の狭間が不明瞭でかつ、不明確であるがゆえに無限の事象を目の当たりに出くわしてしまう詩集作品。奇才ならではの視点に圧巻、この人の目となりたかった。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「寺山修司少女詩集」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,491

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!