越前宰相秀康

越前宰相秀康

作者名 :
通常価格 825円 (750円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

家康が恐れたただ一人の息子――父・家康に疎まれ、秀吉の養子に出された秀康。関ヶ原の戦いの後に越前、福井藩の藩祖となり徳川幕府を支えた男の波乱に満ちた生涯。

家康を父に持つ於義丸は双子で生まれたため、忌避される。兄信康のとりなしで家康に息子として数年後に認知させた。しかし、秀吉の養子として徳川家を出され、豊臣秀康と名乗らされた。それも束の間、関東の名族結城家に養子に出され、父・家康の監視役とされる。家康が恐れた息子の短くも波乱の生涯を描く歴史巨編。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
電子版発売日
2014年01月10日
紙の本の発売
2013年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

越前宰相秀康 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年10月24日

    ちょくちょく井伊直政の出番があるのが嬉しい。女性陣も丁寧に描かれていて好感が持てる。けどね、家康の9男義直を紀州徳川家祖とか、そこ間違えたらいかんだろ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月21日

    「愛されない息子」となってしまった秀康の悲劇的な生い立ち…やがて「なかなかの器量人」と声望が高まる中での嫉妬と“脅威論”…それでも尚、自分なりの理想を追う秀康と、お万を始めとする見守る人々…なかなかに好い物語だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月30日

    家康の次男にして、英傑の誉れが高く、激流の中に身を置き翻弄されながらも、颯爽と生き抜いた秀康(名はそれぞれ秀吉の「秀」と家康の「康」からという天下人二人の名の合成)の一代記。
    小説の良し悪しのひとつは、如何に読者を、主人公に感情移入させられるかではなかろうか。
    主人公と共に悩み、ともに泣き、ともに怒...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月28日

    ずっと気になっていた。なぜ、三男の秀忠が将軍になり、次男の秀康はなれなかったのか。
    秀康の短くも太い人生。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月26日

    全体の4分の一ほど割いて秀康の母お万の方が家康の側室となり秀康を産むまでを描く。秀康が家康に嫌われるのは出生が双子だと言う設定。家康に子供として認められず早々に秀吉の人質に送り込まれる。しかし秀吉の死と共に秀康の状況も変わってゆく。弟達秀忠、忠吉などは家康から見てまだ一個師団を任せるには経験不足そこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング