友だち幻想 ――人と人の〈つながり〉を考える

友だち幻想 ――人と人の〈つながり〉を考える

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
紙の本 [参考] 814円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

友だちは何よりも大切。でも、なぜこんなに友だちとの関係で傷つき、悩むのだろう。人と人との距離感覚をみがいて、上手に“つながり”を築けるようになるための本。「みんな仲良く」という理念、「私を丸ごと受け入れてくれる人がきっといる」という幻想の中に真の親しさは得られない。人間関係を根本から見直す、実用的社会学の本。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくまプリマー新書
電子版発売日
2013年12月06日
紙の本の発売
2008年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

書店員のおすすめ

社会学者である著者(故人)が、10年以上前に書いた本。
お笑い芸人の又吉直樹さんがTVで取り上げ話題に。
日本は、他の国と比較して、「友人重視志向」の傾向が突出して高いのだそうです。
自分自身を高めたい、成功したいなどの意識よりも、親友を得たい、色々な人と付き合い人間関係を豊かにしたいという意識が高いそう。
その一方で、友達が多いのに寂しい、恋人や家族との関係が上手くいかないと悩む人も多い。
様々な悩みや疑問のヒントが書かれています。
同じでなければならないのではなく、違いを受け入れること。
親しくなければならないのではなく、適度な距離で関わること。
完全な自由ではなく、適正なルールを共有すること。
当たり前だと思っていた思い込みを捨てることで、新しい心地よい人間関係を見つけられるかも。
元々は学生向けを想定して書かれていますが、大人にもオススメの本。

友だち幻想 ――人と人の〈つながり〉を考える のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年07月02日

    学校での円滑な対人関係の手段の一つとして、【キャラづくり】が挙げられる。「あいつは天然だから」「私ってサバサバしてるから」という風にレッテルを自他に貼ることで、周囲にこういう人物であることを知らせる。この手段が、自分が何者であるのか理解しづらくし、やりたいことを見つける妨げになっているのではないかと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月22日

    「みんな仲良く」や「友達100人できるかな」
    という言葉に苦しめられてきた人は多いのではないでしょうか。
    合わない相手とのお互い傷つかないやり過ごし方の作法をこの本では学べます。

    中高生向きとのことですが、
    職場でのいじめやパワハラなど、
    大人でも、この作法をできてない方がいるからこそ、
    さまざま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月16日

    今まで漠然と感覚的に捉えてた人付き合いを論理的に整理してくれる本。
    苦手と思ってたことも感情に流されず整理して物事を見直すと、次はこうやってみようと前向きになれる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月05日

    #友だち幻想
    ★★★★★

    久しぶりに、身震いするような本に出会いました。なぜ人は、これほど人間関係に悩むのだろう。その答えは、他者が生み出す「同調圧力」にあると著者は説きます。

    ●人付き合い
    ●いじめ
    ●子育てと若者言葉
    ●大人になること
    などなど。
    何度も読み直したい、社会学者が本気で考えた、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月11日

    友達付き合いで悩んでる人はいたら是非この本を読んでほしい。この本には高校生だけではなく大人や教員にも納得できるアドバイスが書いてある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月27日

    なぜこういう行動を取るのか?と考えるのではなく、このような行動を取った目的は何?と考えるようにする。これはアドラー心理学の目的論から学んだこと。目的を考える機会は増えたけど、目的がよく分からないケースがたくさんあった。そんな中、自分の中のもやもやを晴らしてくれたのがこの本。

    人間関係で悩んでいるこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月17日

    ある動画で紹介されていて気になった本。

    どんなに気の合う、信頼できる、心を許せる人間でも、やはり自分とは違う価値観や感じ方を持っている、「異質性を持った他者なのである」
    →自分以外は他者であるという考え。それは決して冷たい考え方ではなく、あくまでも関係づくりのための考え方。自分のことを100%理解...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月09日

    ページ数は少なくとも、内容の詰まった刺激を貰える本でした。本書の伝えたい事は「終わりに」でも提示されていますが、「友達作りは無意味という事ではなく、繋がるのが逆説的に難しい世の中だからこそ他者への意識を再構築して欲しい」という事だと思います。特に、ニーチェのルサンチマンの概念を用いた説明は感慨深かっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月17日

    人との付き合い方、大人になるということ、教師の心構えや読書の良さなど盛り沢山な内容が綺麗にまとめられていて読みやすかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    欅坂のambivalent?

    DrZ 2018年10月13日

    欅坂46のambivalentの歌詞の内容の解説みたいだ!

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています