さよならソルシエ 1
  • 完結

さよならソルシエ 1

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
紙の本 [参考] 471円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

19世紀末、パリ。のちの天才画家ゴッホを兄に持つ、天才画商テオドルスの、知られざる奇跡の軌跡。生前、1枚しか売れなかったゴッホが、なぜ現代では炎の画家として世界的に有名になったのか…。その陰には実の弟・テオの奇抜な策略と野望があった!兄弟の絆、確執、そして宿命の伝記!

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
flowers
ページ数
192ページ
電子版発売日
2013年12月09日
紙の本の発売
2013年05月
サイズ(目安)
41MB

さよならソルシエ 1 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年10月17日

    ゴッホのイメージ、弟のテオのイメージを覆す!
    天才的で反骨精神溢れるテオ、
    絵の申し子のフィンセント。
    パリで再会したした二人を取り巻くのは、
    旧体制の美術関係者と新しい美の担い手たち。
    怜悧でまさに魔術師のようなテオには、
    新しい美の時代が見えていた。
    「ゴッホからの手紙」を読んだ身には
    驚愕のス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月05日

    舞台番のさよならソルシエを観に行くため、予習と思って読み始めたのだけれど…なんだかすごくドキドキした…!コミックが元ではあるけれど、私は逆に良知真次さんのビジュアルが先にあるので、テオの孤独なヒールというか、なんかもうキャラクターそのものに良知さんをイメージしてしまって、素直にすごくハマった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月09日

    ひまわりの絵で有名なゴッホの弟、テオドロスが主人公の話。
    まだ無名の兄の絵の素晴らしさを信じて守っていこうとする弟という感じ。

    天才が身近にいるからこその絶望と悲哀。
    それを抱えながら世間に新しい芸術とともに公表しようと奮闘する姿がかっこよかったです。

    何にでも新しいものに抗おうとする頭の硬い人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月24日

    短編集、「式の前日」で話題になっさ作者の、これまた話題になった作品。(このマンガがすごい!2014オンナ編1位)最初はどんなもんかな、くらいだったのに、読み終わるころにはもうぐいぐい引き込まれてしまっていた。

    「炎の画家」と呼ばれ、晩年は狂気に狂ったっいうヴィンセント・ヴァン・ゴッホ。その弟であり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月23日

    オチが鮮やかで、読んでいて気持ちいいです。ゴッホは可愛くて、テオはかっこいいです。オチがびっくりしました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月13日

    2巻読み終わった。いろいろ賛否両論あるけれど、普通に楽しめた。面白かった。出来は良かったと思う。
    ただしフィクションとしてなら。

    声高らかにゴッホの伝記漫画ということで手に取ったら、ちょっと違う。ってなると思うけど、そういうのは抜きにしてなら私はおすすめ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月18日

    第二巻で急失速してしまったガッカリ作品なのですが、第一巻でのワクワクはやっぱり消えない。創作が世界を動かしてゆく、世間に作品を解き放ってゆく、そんなドキドキが詰まったエピソードが素晴らしい。最後までキラキラしたテオが読みたかった。第二巻の大仕掛けも、第一巻の輝きから比べれば、ぜんぜん大したことが無い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月07日

    華麗すぎるスマート画商テオ、かっこよすぎ。貴族たちのものである絵画を民衆にも広めようとしているのかな? どのようにして一風巻き起こすのか期待。あとテオの兄が気になる。彼の手から描かれる世界が純粋でとてもきれいで好きだなあ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月26日

    絵が好きで気になってた。
    2巻で終わるのに、1冊が薄い。
    薄くはないんやけど、こんな普通の分厚さ。
    そして・・・1巻だけじゃ全然わかんない。

    で、やっぱり絵が好きなので2巻も手に入れるぞ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月18日

    粗いけど、「震えた」ということは何かある。この震えを解明しよう。切ない、ということは、大きな要素かもしれない。みな特別ななにかになりたくて、なれない。その切なさを描いたからか。社会的に小さいものが認められることもあるだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

さよならソルシエ のシリーズ作品 全2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • さよならソルシエ 1
    完結
    462円(税込)
    19世紀末、パリ。のちの天才画家ゴッホを兄に持つ、天才画商テオドルスの、知られざる奇跡の軌跡。生前、1枚しか売れなかったゴッホが、なぜ現代では炎の画家として世界的に有名になったのか…。その陰には実の弟・テオの奇抜な策略と野望があった!兄弟の絆、確執、そして宿命の伝記!
  • さよならソルシエ 2
    完結
    462円(税込)
    19世紀末のパリに現れたふたりのゴッホ。のちの天才画家の兄フィンセントと画商の弟テオドルス。 子どもの頃から兄の才能を評価し、その絵を世界中に広める野望をもった弟は、マイペースを崩さない兄にやがて嫉妬と怒りを覚えはじめる。だが、兄の身に起こった衝撃の事態を前に、弟はある作戦を仕掛ける決断をした・・・。 兄と弟の切ないまでに純粋な伝記ロマン、堂々の完結。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

さよならソルシエ に関連する特集・キャンペーン