なかで、ごめんね

なかで、ごめんね

作者名 :
通常価格 1,242円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

私、文香17歳。親友のスケバン(死語)・玲子は、女癖の悪い父(小説家)と熱愛中。夏休み、女ふたりの北海道ドライブで出会ったのは、童貞の性民俗学者・榮輔さん。野外で混浴、クサい車中泊、雷雨の中の処女喪失、彼の実家は公家ヤクザ(?)主人公は女子高生(JK)!? 爽やか&ポジティブ!! あの花村萬月が辿り着いちゃった新境地。「ねえ、玲子。私たち、すごいところを走ってるんだね」

ジャンル
出版社
講談社
ページ数
234ページ
電子版発売日
2013年11月29日
コンテンツ形式
EPUB

「なかで、ごめんね」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2012年11月18日

花村作品にしては軽いなあ、という印象。 練られて深みのある文章表現は読んでいて小気味よいのだけれど、内容は青春漫画(今はこんな言い方しないか)でも読んでいるような感じだった。疲れたときの暇つぶしにはちょうどよいかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年10月25日

タイトル…、ズバリっ?!

単館系ロードムービーなお話ですね…。

女性の方は、こうゆうの…共感するんでしょうか…??

ボク的には…あまりよくわかりません…なお話でした…(_ _)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年03月20日

初めて花村さんの本を読んだ。もっとややっこしい本を書く人だと思ってた…。意外にさらりと読み終えた。期待値が変に高かったので、”ふつう”と感じた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年09月01日

うーん、まあまあです。でも、もっと、もっとすごい作品が書けるのではないかと思う。もっと、読者の心をえぐるような、でも読むのをやめられないようなものを。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,921

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!