おんなのいえ(1)
  • 完結

おんなのいえ(1)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
紙の本 [参考] 618円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

29歳。3年物の彼氏に振られて残ったのは“家族”でした。友達よりも気楽、けど時にめっちゃ憎らしい。そんな“女家族”の物語。――同棲していた恋人に振られた有香(ありか)、29歳。25歳の妹・すみ香(すみか)と母親の住む地元・大阪に帰省するも癒されるどころか鞭打たれ、ついには“母親命令”により妹と東京で同居することに。『さらぴんの生活、始めよーやあ!』姉妹と母親、“おんなだけ”の家族物語、いざ開幕!!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
BE・LOVE
電子版発売日
2013年12月06日
紙の本の発売
2013年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
48MB

おんなのいえ(1) のユーザーレビュー

    購入済み

    (匿名) 2014年01月28日

    絵が格好良くてまず引き込まれました。
    お話というよりは言葉が響いてきて、誰かと何か話したかのような読後感を味わいました。
    面白いです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    身につまされます。

    2019年11月24日

    最初は嫌な性格だなと思ったけれど、読み進むうちにふに落ちる箇所がたくさん感じられて、良いなぁと思いました。力のある作家さんだと思います。ストーリーが練られていて安心感だけでなく、為になります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月29日

    主人公に共感。確かなものが欲しいのに、刹那的なものに逃げちゃう感じ。
    そんなことしてても足踏みだってわかってるから、あんな夢を見たのね。
    リアルな心理描写でグッサリと痛いところを突かれるようなのに、なんだか心地よく感じてポジティブになれる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月30日

    2015年3月30日 3巻まで完了。

    全部がリアルで、共感。
    思い当たるふしありまくり。
    アラサー♀にはなかなか読むのに
    体力がいる。でも面白い。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    エグみがとても良い

    pope 2014年10月05日

    あり香が母親につっかかるところとか良かったですねぇ。
    男に言われたことをそのまんま母親にぶつけるところ。
    ぶつけながらそこで初めて男の気持ちがわかるところ。
    すみ香のことを容量が良くてずるいと思う気持ちもわからなくはない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月19日

    実際の姉妹がこんなんじゃないとしても、姉妹欲しかった( ; ; )( ; ; )てなった。笑
    マコちゃんが好きすぎる!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    痛い、ですね

    hogerene 2018年08月06日

    第1巻読了。同棲中の彼氏に「あなたのため」を繰り返す女、
    そういう彼女も母親から「あなたのため」を繰り返されていた。
    けっこうえぐってきます。痛い所突いてきます。
    愛情や奉仕の心とは似て非なる「自分の人生の責任転嫁」、
    やられる方は精神病みますよね。

    そんな関係の中でも、相手を理解しよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月02日

    30手前で3年付き合い同棲していた彼に別れを告げられた有香は妹のすみ香と二人暮らしを始める。

    両親も別居中、妹も彼氏に浮気されて…と男運がなさそうな大前家。


    有香はいかにもお姉ちゃん!って感じで共感できるところも多いな。

    やっぱアラサーでフラれるの精神的にきついしなあ。

    妹のすみ香はいかに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月07日

    漫画を無性に読みたくなって、
    本屋で表紙買い。

    悪くはないけど、別に特別欲するわけでもなく、
    でも、こういうのも嫌いじゃないなって感じです。

    姉妹がいないのですが、こういう女家族の
    つながりが少し羨ましくも思い、
    やっぱり次も買うのかな~と。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月27日

    良薬口に苦しとは、まさにこのこと。
    男ですが、自分のことを言われているようで、読んでいて胸が痛くなりました。

    久々の表紙買いが成功しちゃったもんだから、これからはまっちゃいそうで困ったな。この漫画のせいだ。

    このレビューは参考になりましたか?

おんなのいえ のシリーズ作品 全8巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~8件目 / 8件
  • おんなのいえ(1)
    完結
    462円(税込)
    29歳。3年物の彼氏に振られて残ったのは“家族”でした。友達よりも気楽、けど時にめっちゃ憎らしい。そんな“女家族”の物語。――同棲していた恋人に振られた有香(ありか)、29歳。25歳の妹・すみ香(すみか)と母親の住む地元・大阪に帰省するも癒されるどころか鞭打たれ、ついには“母親命令”により妹と東京で同居することに。『さらぴんの生活、始めよーやあ!』姉妹と母親、“おんなだけ”の家族物語、いざ開...
  • おんなのいえ(2)
    完結
    462円(税込)
    母親命令で始まった妹との二人暮らし。友達よりも気楽、けど時にめっちゃ憎らしい。そんな“女家族”の物語――。働き始めた印刷所で“運命”を感じた男・川谷と再会する姉・有香(ありか)(29)。しかし、その左の薬指にはキラリと光るものがあり……!? 一方、妹のすみ香(25)は浮気した元彼が会いにくることを拒んで逃げていて? 『男って……敵なん 味方なん どっち?』『さあ……男の方もそう思ってるよ 多分...
  • おんなのいえ(3)
    完結
    462円(税込)
    宝島社「このマンガがすごい!」2014 オンナ編9位ランクイン! ――姉・有香(ありか、29歳)と既婚者の川谷(かわたに)の仲を疑いケンカして出て行った、妹・すみ香(すみか、25歳)。転がり込んだ先は奇しくも姉と川谷のように“性別を越えた”関係であるはずのゲイの男友達・マコちゃんのところ。しかし、思いがけずもマコちゃんはバイセクシャルであることが判明。そんなすみ香にマコちゃんは告白し……?
  • おんなのいえ(4)
    完結
    462円(税込)
    姉・有香(ありか)29歳と妹・すみ香(すみか)25歳は東京で二人暮らし中。友達だったはずのバイセクシャル・マコちゃんに告白されるすみ香。しかし大阪には浮気をした彼氏がいて……? 一方、有香は既婚者の川谷(かわたに)と男女を超えた友情を育むも、自身の人生が五里霧中。そんなとき、弁護士とのお見合いを勧められ……!! 『神様 もう 失敗したくないです』心に刺さって、でも切なくて、何度も読み返したくなる。...
  • おんなのいえ(5)
    完結
    462円(税込)
    母の一大事に緊急帰阪中の有香(ありか・29歳)と妹・すみ香(すみか・25歳)。有香は人生にケリをつけるため、母と一緒に暮らそうと提案するも、丁重にお断りされる。そしてそんな母の元に、同級生のナイスミドルが現れ? 一方、ダメ彼・コウちゃんと別れるべく、すみ香は話し合いに挑む。一度寝てしまった川谷(かわたに)さんに、お見合い相手の大河内(おおこうち)さんは? 有香にすみ香、アンタら頑張りどきだよ!!...
  • おんなのいえ(6)
    完結
    462円(税込)
    大阪から帰ってきてそれぞれの道を模索し始める大前(おおまえ)姉妹。有香(ありか)は川谷(かわたに)さんと大河内(おおうこち)さんの間で揺れ動き、すみ香(すみか)は不器用ながらもマコちゃんとの関係を築いてゆく。そんな初夏の夕暮れ、有香の携帯に元カレから電話がかかってきて……? 姉妹二人が別々の道を歩き始める!
  • おんなのいえ(7)
    完結
    462円(税込)
    元彼の圭佑の結婚を知らされた有香(ありか)。川谷(かわたに)さんにもやんわり袖にされ、ボーイズラブの世界に引きこもる。すみ香(すみか)や川谷さんのお陰でなんとか日常を取り戻すもあてのない日々は変わらず?
  • おんなのいえ(8)
    完結
    462円(税込)
    妊娠したすみ香(すみか)はまこちゃんと一緒に沖縄へ。有香(ありか)を取り巻く男たちもそれぞれの人生を歩み始める。そんな中、有香は本当の自分に気づき始める。すべてを手放したとき、見えた光景。有香の新たな人生が始まろうとしていた。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています