あさひなぐ(30)
  • NEW
  • 最新刊

あさひなぐ(30)

作者名 :
通常価格 594円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

インターハイ最終日、個人戦。

二ツ坂・宮路真春、愛山・辻野みゆき、國陵・一堂寧々、出雲・佐来光里、熊本・戸井田奈歩…

全国から集った精鋭たちはトーナメントの中央へ進むに連れ、一人ずつコートから去ってゆく。


すべては絶対王者・奈歩と闘うために。

左ヒザに故障を抱えながら出場した真春、その激戦の行方は――!?


そして、遂に二ツ坂は団体決勝トーナメントへ!!

この10人で挑む、最後の夏。
目指す頂点、“日本一”まで、あと四つ……


物語は、いよいよ最終局面へ――!!

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックスピリッツ
ページ数
224ページ
電子版発売日
2019年05月30日
コンテンツ形式
EPUB

新刊オート購入

書店員のおすすめ

運動部の中でもかなりマイナーな競技である「薙刀」に挑む女子高生たちの物語。
主人公の旭は何の取り柄もない高校1年生。競技人口の少ない薙刀なら、未経験者でも活躍するチャンスがある!という先輩の口車に乗せられ入部するも、根っからの鈍臭さのせいであっという間に置いてきぼりに。それでも誰より努力して、少しずつ自分の特技を見つけてゆく…!
と、非常に王道のストーリー展開のようですが、本作の真の見どころは、主人公を含め登場人物のほとんどが「性格にやや難あり」なところ。ひとクセありすぎるチームメイトやライバル達に苦労している内気な旭ですら、実は超が付くほどの野心家。隙あらば皆より抜きんでて活躍してやろうと、常にチャンスをうかがっています。
先輩・後輩・指導者と、立場に関係なく口汚い罵りあいが展開されるのに、不思議と芯の部分では仲間同士で支え合っている。仲がいいのか悪いのか。女同士とは、それが一見わからないくらいの関係が面白いのかもしれません。

「あさひなぐ(30)」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年06月01日

インターハイ個人戦はこの巻でいよいよ決着がつく。未読の方のために結果は書かない。それとは別によい知らせがあって,宮地真春は団体戦に戻ってくる。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,943

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!