ヨコハマ買い出し紀行(8)
  • 完結

ヨコハマ買い出し紀行(8)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

台風でほぼ全壊してしまった『カフェ・アルファ』を建て直すため、出稼ぎの旅をはじめたアルファ。彼女はその旅の道で様々な人や景色に触れる。 そして、生まれて初めて男の“ロボットの人”に出会うアルファ――。黄昏の時を生きる人々と過ごす、てろてろの時間をお楽しみあれ。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
アフタヌーン
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
53MB

関連タグ:

ヨコハマ買い出し紀行(8) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    台風で壊れたカフェを立て直すため出稼ぎに行くアルファ。新しい知り合いや初めての景色、それを見た時のわくわくする気分も伝わって来ます。――アルファが当たり前に触れている欠けた富士山や謎の植物、巨大な柿や栗はどうして存在するのかが少し気になります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月14日

    アルファはバイトをしながらいろいろな場所に移動していた。途中貰ったカキがでかい。道に迷ってしまうあたり人間らしい。空港につき、ある人物と飛行機に乗らせてもらう。かなりアルファは喜んでいた。意外な所で人がつながっていて驚いた。すべて関係ある人がつながるのかな。まだまだ旅は続きそうだった。

    このレビューは参考になりましたか?

ヨコハマ買い出し紀行 のシリーズ作品 全14巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~14件目 / 14件
  • ヨコハマ買い出し紀行(1)
    完結
    お祭りのようだった世の中がゆっくりと落ち着き、のちに“夕凪(ゆうなぎ)の時代”と呼ばれる近未来の日本。人型ロボット・アルファは、喫茶店『カフェ・アルファ』を営みながら、オーナーを待ち続ける――。アフタヌーン本誌で12年もの間、読者の支持を集め続けた異色のてろてろSFコミック。
  • ヨコハマ買い出し紀行(2)
    完結
    お祭りのようだった世の中がゆっくりと落ち着き、のちに“夕凪(ゆうなぎ)の時代”と呼ばれる近未来の日本。ある日『カフェ・アルファ』へやってきた宅配便。それは、アルファのオーナー・初瀬野(はつせの)からの物だという。それを届けに来た“ココネ”もまた、アルファと同じ、『アルファ型』の女性ロボットだった。
  • ヨコハマ買い出し紀行(3)
    完結
    お祭りのようだった世の中がゆっくりと落ち着き、のちに“夕凪(ゆうなぎ)の時代”と呼ばれる近未来の日本。約束通り、プライベートでアルファのもとを訪れたココネ。再会し、意気投合した2人は夜を語り明かす。アルファとの交流で、ロボットであるがゆえに「人間っぽく」生きようと気負っていたココネの価値観に、変化が訪れる……。
  • ヨコハマ買い出し紀行(4)
    完結
    お祭りのようだった世の中がゆっくりと落ち着き、のちに“夕凪(ゆうなぎ)の時代”と呼ばれる近未来の日本。上空を延々飛び続ける巨大な飛行機“ターポン”。その中で「アルファー室長」と呼ばれるひとりの女性。はるか空の上から、もう降りることのない地上世界を見つめている彼女もまた、アルファやココネと同じく、“ロボットの人”なのであった。彼女たちと過ごす、てろてろの時間をお楽しみあれ。
  • ヨコハマ買い出し紀行(5)
    完結
    お祭りのようだった世の中がゆっくりと落ち着き、のちに“夕凪(ゆうなぎ)の時代”と呼ばれる近未来の日本。当面のコーヒー豆を買いに、アルファさんは横浜へ買い出しに。時間に余裕を取った今回の買い出し。買い物を済ませ、色々行きたい所はあるのだけれど……。ふと思い立ったアルファさんは、一路「彼女」の家へ向かうのだった――。
  • ヨコハマ買い出し紀行(6)
    完結
    お祭りのようだった世の中がゆっくりと落ち着き、のちに“夕凪(ゆうなぎ)の時代”と呼ばれる近未来の日本。アルファとの出会いから、ロボットである自分たちのルーツに興味を持ったココネがふと立ち寄った児童館で見つけたレコード。それに記されていたものは……? 黄昏の時を生きる人々と過ごす、てろてろの時間をお楽しみあれ。
  • ヨコハマ買い出し紀行(7)
    完結
    お祭りのようだった世の中がゆっくりと落ち着き、のちに“夕凪(ゆうなぎ)の時代”と呼ばれる近未来の日本。台風“メイホワ”が到来。おじさんのスタンドに非難したアルファだったが、ラジオから流れる台風情報と風音を聞いているうちに、お店の事が心配になってきて……。黄昏の時を生きる人々と過ごす、てろてろの時間をお楽しみあれ。
  • ヨコハマ買い出し紀行(8)
    完結
    台風でほぼ全壊してしまった『カフェ・アルファ』を建て直すため、出稼ぎの旅をはじめたアルファ。彼女はその旅の道で様々な人や景色に触れる。 そして、生まれて初めて男の“ロボットの人”に出会うアルファ――。黄昏の時を生きる人々と過ごす、てろてろの時間をお楽しみあれ。
  • ヨコハマ買い出し紀行(9)
    完結
    一年間の出稼ぎの旅から帰ってきたアルファを出迎えたのは、いつの間にかアルファの身長を越す程成長していたタカヒロだった。アルファの初めて体験する一年。それは、アルファが過去を通り過ぎた証――。黄昏の時を生きる人々と過ごす、てろてろの時間をお楽しみあれ。
  • ヨコハマ買い出し紀行(10)
    完結
    出稼ぎの旅から帰ってきたアルファの元に届いた一通の手紙。それは旅の途中で出会った“男のロボットの人”、ナイからのものだった。黄昏(たそがれ)の時を生きる人々と過ごす、てろてろの時間をお楽しみあれ。
  • ヨコハマ買い出し紀行(11)
    完結
    タカヒロにドライブに誘われたアルファ。タカヒロは、働くために地元を離れる決意をアルファに告げる。流れ行く時間は、穏やかな終末。ゆっくりと。でも、確かに。――「なんてゆうかさ……待つことだけは得意ワザだから、ねえちゃん、本気で待っちゃうよ」
  • ヨコハマ買い出し紀行(12)
    完結
    ある昼下がり、アルファは夢を見た。それは、彼女のオーナー・初瀬野が旅に出る前の、遠く懐かしい記憶――。緩やかに、しかし確実に周りの景色も変化していく中、タカヒロやマッキの成長する姿を間近で見てきたアルファは、永遠の時を生きるロボットであるがゆえに、彼らと同じ時間をずっと過ごせないことを実感する……。「早いなあ……早すぎるよ」
  • ヨコハマ買い出し紀行(13)
    完結
    「おそかれ早かれよ、ここいらもっと静かになんべ」――静かに、ゆっくりと、でも確実に変化してゆく自然、土地、街、人……のちに夕凪(ゆうなぎ)の時代と呼ばれる、てろてろの時間。悠久の時を生きるアルファたち“ロボットの人”は、のんびりと訪れてくる時代の黄昏(たそがれ)を彼岸で見つめる。
  • ヨコハマ買い出し紀行(14)
    完結
    12年分の思いが詰まった完結巻。そして過ぎ去る夕凪(ゆうなぎ)、やがて訪れる夜……。のちに夕凪の時代と呼ばれるてろてろの時間。つかの間のひととき、ご案内しましょう。夜が来る前に、まだあったかいコンクリートにすわって――。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています