仏教とは何か ブッダ誕生から現代宗教まで

仏教とは何か ブッダ誕生から現代宗教まで

作者名 :
通常価格 712円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

仏教を考える上で、もっとも根元的な難問は「仏教をどう生きるか」ということではないか。現代、日本人にとって、この問いに応えることが焦眉の急務になっている。その難問に対処するには、まずブッダの人生と仏教の歴史を等分の視野におさめる必要がある。ひとり日本においてのみ繁栄を誇り、しかし今や、その生命力を枯渇させつつ自滅の道を突き進んでいる大乗仏教――日本の仏教を、ブッダ誕生の原点に立ちもどって検証する。

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公新書
ページ数
212ページ
電子版発売日
2013年11月08日
コンテンツ形式
EPUB

「仏教とは何か ブッダ誕生から現...」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2014年03月10日

一章 ブッダの人生
二章 ブッダと現代
三章 仏教思想のキーワード
四章 日本仏教の個性
五章 民俗仏教の背景
六章 現代との接点

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月22日

全体を通して日本の仏教界への問題提起がなされているので、知りたいこととズレがあった。
1993年当時の仏教に対する世間の印象と、昨今の仏教ブームとの差異も少なからずあるし、在家からすると自明のことのように感じることが、それこそ大袈裟に書かれていたりもして、世襲坊主、袈裟坊主の連中が読んだら説法も少し...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年02月14日

仏教の歴史や現代的課題について解説しています。民衆の精神史という広い文脈のなかで日本仏教の意義をとらえなおすべきだという著者の観点が、積極的に押し出されている解説書です。

釈尊は入滅に際して、人びとが望むならば長くこの世にとどまって教えを広めようということを弟子のアーナンダにほのめかしましたが、悪...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年08月18日

読者の「仏教とは何か」という問いに応えようという本ではなく、
著者が思い描いている「仏教とは何か」について書いた本だと思う。

仏教についてさほどくわしくない人にとっては、決してわかりやすくは
ないだろうし、やや独断的な傾向が見られる本であるだろうことは
決して否定しない。

だが大学生当時に著者の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年04月29日

一口に仏教と言っても、日本で論ずるときには注意が必要だ。まず釈迦の考えた「仏教」があり、弟子達が考えた「仏教」があり、日本で文化的・世俗的に融合された「仏教」がある。また統一的な教典を持たない仏教は解釈が多様で、実質仏教と定義できるものはないといっていいだろう。
 また筆者は現代における宗教の役割に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,874

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!