江戸文化評判記 雅俗融和の世界

江戸文化評判記 雅俗融和の世界

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

江戸には江戸の文化を成熟させた先人がいた。その果実は、現代と全く異なる味わいがあるからこそおもしろい。著者は、江戸の文物を部品に一人乗りのタイム・マシーンを組み立てて江戸観光を企てる。着いた時代は伝統の「雅」と新興の「俗」の両文化が見事に融和した壮年期の江戸。中央はもとより地方にも足を延ばし、一癖も二癖もある多彩な人々を訪れ、出版事情を探り、文人大名の蔵書も拝見。まずはこれを評判記に刻んで御報告の仕儀。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公新書
ページ数
201ページ
電子版発売日
2013年11月08日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

江戸文化評判記 雅俗融和の世界 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年09月25日

    江戸時代の文化の諸相を、軽妙な文章で紹介している本です。

    著者は、18世紀の江戸で花開いた文化の特徴を「雅俗融和」と表現し、この時期こそが江戸文化の最盛期だという見方を示しています。その上で、文学や芸術、遊郭文化や庶民の生活など、江戸文化にまつわるさまざまな話題に触れつつ、その魅力に読者を誘います...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月09日

     「江戸の文化」ではあるが「江戸時代の文化」が、「雅」と「俗」の対比で理解していこうとする点に特色があるようである。

     「雅」について「伝統文化」を言い、「俗」とは「新興の文化を指す」(7p)のうえに、この二つはついに「価値の転換はついに起こらなかった」ことを明確にする。

     地方大名の見識。実は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年04月04日

    [ 内容 ]
    江戸には江戸の文化を成熟させた先人がいた。
    その果実は、現代と全く異なる味わいがあるからこそおもしろい。
    著者は、江戸の文物を部品に一人乗りのタイム・マシーンを組立てて江戸観光を企てる。
    着いた時代は伝統の「雅」と新興の「俗」の両文化が見事に融和した壮年期の江戸。
    中央はもとより地方に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

中公新書 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング