江戸城御庭番 徳川将軍の耳と目

江戸城御庭番 徳川将軍の耳と目

作者名 :
通常価格 820円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

徳川吉宗が八代将軍の座につくと、紀州藩士二〇五名を幕臣に編入、側近とした。その中に将軍の耳や目となり活動する隠密の一団があった。御庭番である。彼らは表向き、将軍やその家族の身辺警備・取次などを務めたが、いったん命が下ると姿を変えて各地で情報収集に当たった。のちにその家筋から幕政に重用される人材を生む。本書は、厳格な統制と秘密保持をもって将軍に情報をもたらし、徳川権力を支えた御庭番を精密に考証する。

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公新書
ページ数
214ページ
電子版発売日
2013年11月08日
コンテンツ形式
EPUB

「江戸城御庭番 徳川将軍の耳と目」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2005年11月17日

忍者と言えば黒ずくめで空を舞い、水の上を走り、地に潜り様々な術を使う。
そんなイメージが先行していて本当の所は謎に包まれています。

この本はそんな忍者の末裔と言われ、同じ様なイメージで見られている江戸時代の御庭番の実像を同時代の書類や彼らの日記を元に解き明かしています。

この本を読めば彼らが様々...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,919

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!