土蜘蛛奇談(上)

土蜘蛛奇談(上)

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

――細い三日月の下、その男は橋のたもとに佇んでいた。夜風にふくらんだ長い袖。白皙(はくせき)の頬にこぼれかかる、つややかな髪――。天本の姿だ。しかし、敏生(としき)の喜びは束の間だった。男は敏生に手をさしのべることもせずに消えてしまった。あたかも雲隠れしてしまった月のごとくに――。追儺師(ついなし)・天本と半精霊・敏生。夢のなかの妖しを追って、たどりついた先とは……!?

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 講談社X文庫ホワイトハート
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社X文庫ホワイトハート
ページ数
318ページ
電子版発売日
2013年11月08日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

土蜘蛛奇談(上) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    こんなとこで終り!? と思わず思ってしまうこの1冊。
    天本さんの師匠・河合さんが登場した今回の舞台は平安時代の京都。平安時代に飛ばされた3人はばらばらになり、敏生は一人、二人の行方を追っていたが…。
    もう、とんでもないところで次回に続く今回は、続きがホントに待ち通しく思うこと間違いナシです。
    天本さ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

土蜘蛛奇談 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 土蜘蛛奇談(上)
    605円(税込)
    ――細い三日月の下、その男は橋のたもとに佇んでいた。夜風にふくらんだ長い袖。白皙(はくせき)の頬にこぼれかかる、つややかな髪――。天本の姿だ。しかし、敏生(としき)の喜びは束の間だった。男は敏生に手をさしのべることもせずに消えてしまった。あたかも雲隠れしてしまった月のごとくに――。追儺師(ついなし)・天本と半精霊・敏生。夢のなかの妖しを追って、たどりついた先とは……!?
  • 土蜘蛛奇談(下)
    605円(税込)
    「……教えてくれ。わたしは……誰だ」恋しい人と瓜2つの男は、美しい眉を歪めてそう言った。 「お前は、知っているのではないか。わたしが何者か……本当の名を、何といったのか……」その、切れ長の目も、唇も。なにもかもがあの人と、寸毫(すんごう)も変わらないのに──あまりの切なさに少年の瞳から涙が落ちる。追儺師(ついなし)・天本と半精霊・敏生。時の悪戯に引き裂かれたまま、魔性を降すことができるか!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています