相馬の牙

相馬の牙

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

相馬藩士・刈谷兵介は、真剣を持つと狼になる。ある日、十二人の浪人を瞬時に斬り伏せた。藩の剣術師範・百目木一風斎は、この噂が気にかかった。二人の決闘が迫る。兵介は一風斎の娘・佳乃に惚れていたが、一風斎を一気に斬り裂いて脱藩した。追手が来る。やがて、流浪の身となった兵介と、佳乃の幼い弟・兵馬の対決の日が訪れた……。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2013年11月19日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

相馬の牙 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    牙シリーズは各巻時代も場所も主人公もバラバラ。あだ討ちがテーマ。エッチ場面満載の濃厚な官能時代小説です。銭湯などでの愛撫など満載。1765年。刈谷兵介(25歳)村娘や武家の人妻お祐(29歳・終盤40歳で再登場)。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    主人公二人?

    羽生天心 2021年02月21日

    藩の剣術師範を斬った仇の兵介と、それを追う師範の息子平馬のW主人公ストーリーとでも言おうか。二人とも旅するうちに、どんどん浪人斬りで腕を上げて「汚れた悪党」になっていく。
    終盤の決戦までに、十年以上の時間軸が駆け足で一気に流れていく。ヒロインである佳乃さんが死なずに、BIGな玉の輿したのは意外だ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています