清須会議

清須会議

作者名 :
通常価格 585円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

信長亡きあと、清須城を舞台に、歴史を動かす心理戦が始まった。猪突猛進な柴田勝家、用意周到な羽柴秀吉。情と利の間で揺れる、丹波長秀、池田恒興ら武将たち。愛憎を抱え、陰でじっと見守る、お市、寧、松姫ら女たち。キャスティング・ボートを握るのは誰なのか? 五日間の攻防を「現代語訳」で綴る、笑いとドラマに満ちた傑作時代小説。

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2013年08月16日
コンテンツ形式
EPUB

「清須会議」のユーザーレビュー

購入済み

会議に大事なのは根回し

チュン・ウー・チェン 2013年10月03日

8割の根回しと1割の結果、そして1割の猪狩りの話です。

望むべくは名人久太郎をもう少し前に出して欲しかった

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月25日

面白かったー

権力争いの駆け引き。

その一言に尽きる。

ビジネスにももろ当てはまる。

「会議は始まる前に終わっている」

根回し重要。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月06日

久しぶりに秀吉の歴史小説を読みました。
と言っても映画公開の時に買って娘に預けたままになってた本ですがσ^_^;

やっぱり僕は秀吉が好きですね。
あの権謀術数の巧みなところは尊敬します。
本書でもあるように秀吉は元々暗い性格で無理に明るくコミュニケーションを取るというところは正に自分にも当てはまる...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年02月14日

この映画観た。ちょい役の西田敏行が脳裏に微かに残っている。ので手に取った。108円。これから読む
読んだ。何だ❢このおふざけ野郎(三谷本人)と思いながら読んだ。松姫のしたり顔が印象に残り、主人公はやはり松姫。そして武田信玄

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年08月31日

脚本家・三谷幸喜の本領を遺憾なく発揮した歴史エンターテイメントだ。織田信長の後継をめぐる会議の様子を、違和感なく現代語・カタカナ語を使って表現するとは、何と奇抜で面白いことだろう。時系列で進行する話は、登場人物のモノローグが主体となり、舞台転換・カット割りの効果が絶大だ。ペリー荻野の解説も良かった。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,619

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!