松前の花(上) - 土方歳三 蝦夷血風録
作者名 :

1~2巻配信中

価格 637円 (税込)

元新選組副長・土方歳三らの活躍により箱館を掌握した旧幕府軍は、蝦夷政府を立ち上げる。その中には、家臣に殺された父の仇討ちに燃える娘の姿があった。一方、和菓子職人・小野屋藤吉は、蝦夷政府から戦の携行食として、食べたこともないパン作りを依頼されるのだが――。知られざる箱館戦争を描くシリーズ第二弾。単行本『美姫血戦』を改題。

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公文庫
ページ数
259ページ
電子版発売日
2013年08月02日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • 松前の花(上) - 土方歳三 蝦夷血風録
    通常版 1巻 637円(税込)
    元新選組副長・土方歳三らの活躍により箱館を掌握した旧幕府軍は、蝦夷政府を立ち上げる。その中には、家臣に殺された父の仇討ちに燃える娘の姿があった。一方、和菓子職人・小野屋藤吉は、蝦夷政府から戦...
    カート

    試し読み

  • 松前の花(下) - 土方歳三 蝦夷血風録
    通常版 2巻 637円(税込)
    箱館戦争も最終局面を迎えつつある頃、父の仇討ちに燃える娘・蘭子の病気も悪化。死を覚悟した蘭子は、信頼する藤吉に「土方さまに渡してほしい」とある物を託し戦へと向かうのだった――。荒れる北の地で自...
    カート

    試し読み

松前の花(下) - 土方歳三 蝦夷血風録

Posted by ブクログ 2014年02月16日

201402/これまた土方の出番は少なくともおいしい存在感とカッコいい役回り。パン職人を主人公においての展開は前作より市井の人々感がかかれていてよかった。パン職人が蘭子の頼みを果たしに行く場面は泣けた…。旧題より、今回のタイトルのほうが好み。

このレビューは参考になりましたか?

松前の花(下) - 土方歳三 蝦夷血風録

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年12月29日

「土方歳三 蝦夷血風録」という割には土方さんの登場は少ないです。前作の「箱館売ります」より出てきません。
ちょいちょい登場して、美味しいところを持っていく感じです。
と、いう事で、題名通り、松前が主な舞台なのですが、人見・伊庭・蘭子の其々の思いが切なくて良いです。
特に蘭子の壮絶な最期は土方への一途...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

松前の花(下) - 土方歳三 蝦夷血風録

Posted by ブクログ 2014年03月01日

新政府軍が蝦夷に攻め入り、人見勝太郎、伊庭八郎らと共に労咳に蝕まれた蘭子姫が仇討のために生死を共にし最後は今一歩のところで戦死してしまう。土方歳三、大島圭介は別地の函館戦争で死す。蘭子は才蔵に恋心を抱いていたが仇討を優先する生き方がいじらしい。移庭は函館で最期まで戦いを説いたが降伏に反感を抱き自殺、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

松前の花(上) - 土方歳三 蝦夷血風録

Posted by ブクログ 2014年03月01日

榎本武揚をTopとし土方歳三、大島圭介、人見勝太郎、伊庭八郎らが函館に旧幕府メンバーと流れて松前藩を破り新政府を樹立する。松前藩で重職を父に持つ蘭子姫が佐幕派に裏切られ殺された父の仇討ちを誓う。

このレビューは参考になりましたか?

松前の花(下) - 土方歳三 蝦夷血風録

Posted by ブクログ 2013年09月20日

前作では、最初、脇に回っていた主人公である土方が最後の最後に主人公らしい活躍をするが、本作では、最後に至っても主人公らしい活躍はせず話は終わる。血風録という意味では、伊庭の方が活躍し、また、最後のおいしいところは人見がとっているが、主人公としての面目躍如は、これらの二人をおして、男装の女軍人に一方的...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

松前の花(上) - 土方歳三 蝦夷血風録

Posted by ブクログ 2013年09月20日

前作と同じく、相変わらず、主人公である筈の土方は脇に回る話であり、本作の主人公は、一見、松前の花ということで男装の女の復讐劇であるかのようでありながら、実はパン職人である。

このレビューは参考になりましたか?

松前の花(上) - 土方歳三 蝦夷血風録

Posted by ブクログ 2013年08月11日

富樫さん版 土方歳三三部作の第二弾、の前篇です。

しかし、土方はほとんど出てこず、パン職人一代記とでも
いいたくなるような感じでした。
時間軸が前作「ガルトネル」と同じこともあって、やっと土方が
出てきても、その場面は

”焼き回し?”

と、勘違いしてしまうところもあります。


ですが、まだ前...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?