ド・ボイス家の末弟オーランドーは、長兄オリヴァーから逃がれ、アーデンの森に入る。オーランドーに一目惚れした前公爵の娘ロザリンドも、従姉妹のシーリアとともにアーデンの森へ向かう。男装し、羊飼いとして暮らすロザリンドを本人とは気づかず、オーランドーは恋の告白の練習をするが……。アーデンの森を舞台に数組の男女が繰り広げる恋愛喜劇。

ジャンル
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま文庫
電子版発売日
2014年01月24日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

お気に召すまま ――シェイクスピア全集(15)

Posted by ブクログ 2017年06月21日

読書日:2017年6月19日-6月20日.
Original title:As You Like It.
Author:William Shakespeare.
書名は『恋の赴くままに』の方がしっくりするのではと感じる物語でした。

Rosalindの男装姿が様になっていて驚きと、
一目惚れしたOr...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

お気に召すまま ――シェイクスピア全集(15)

Posted by ブクログ 2016年06月11日

ロザリンドの二役。同じ言葉を繰り返して印象を高める手法、タッチストーンに対するロザリンドの言葉使いが印象的。ただ、から騒ぎなどとストーリーが混ざりがちで、やっぱり4大悲劇と比べるとインパクトは弱い。

このレビューは参考になりましたか?

お気に召すまま ――シェイクスピア全集(15)

Posted by ブクログ 2016年11月04日

台本形式の書かれ方だったけど、読んでるうちに自然と引き込まれた。すっごいハッピーエンドなお話でビックリ!これはやっぱりお芝居で見てみたいから、来年の公演が楽しみ

このレビューは参考になりましたか?

お気に召すまま ――シェイクスピア全集(15)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年05月04日

久しぶりのシェイクスピア。
やっぱり劇を見たい。

タイトルは登場人物たちと観客におけるダブルミーニングだと思う。
第三幕 第二場でオーランドとロザリンドが再会した場面でのロザリンドの
「時の歩みはそれぞれ人によって違うんですよ。」
という言葉が印象的だった。

このレビューは参考になりましたか?

お気に召すまま ――シェイクスピア全集(15)

Posted by ブクログ 2014年01月28日

 シェイクスピアの喜劇。
 お気に召すままというのはエピローグのセリフに由来するものだろうか。
 喜劇だけあって、出てくる登場人物はみなすべてどこかおかしい。
 いつか舞台で見てみたいものだなぁ。

このレビューは参考になりましたか?