松岡和子の一覧

「松岡和子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/09/28更新

ユーザーレビュー

  • リア王 ――シェイクスピア全集(5)
    強烈。まさに悲劇…いや、惨劇?といってもいいくらい!

    圧倒的絶望感のある作品だと思う。どのように演じられどのように解釈されていくのか気になる。
    なぜこの劇が現代で強い存在感を放ってるのか他の書籍等を読んで理由を知りたい。
  • オセロー ――シェイクスピア全集(13)
    舞台を観に行くために予習として読みました。

    シェイクスピアに触れるのは初めてでしたが、
    とても面白く、自分が悲劇好きだということに気付かされました。

    私はなぜかエミーリアに感情移入してしまい、最後イアーゴに殺されるところはいたたまれない気持ちになりました。

    シェイクスピアがこんなに面白いなんて...続きを読む
  • オセロー ――シェイクスピア全集(13)
    「4大悲劇」にも分類される、シェイクスピアの有名な戯曲。わたしは過去にもシェイクスピア作品をいくつか読んでいるが、本作はバツグンにおもしろく、ひょっとしたらベストかもしれない。内容はイアゴーの謀略によってオセローの人生が狂ってゆく話で、現代の感覚からしてもぜんぜん古びていない。だからこそいまだに世界...続きを読む
  • ハムレット ――シェイクスピア全集(1)
    「生きてこうあるか、消えてなくなるか。」
    To be or not to be のこの訳し方が、あえて「死ぬ」という言葉は使わずに、「こうある」「なくなる」という言い回しにしてあるそうな。英語の「be」の意味って深いなぁと思います。
    ハムレットはたんなる復讐劇では無く、様々な思いが交錯し、登場人物...続きを読む
  • 決定版 快読シェイクスピア(新潮文庫)
    河合隼雄さんと、松岡和子さんのシェイクスピアの戯曲を読み、その作品の解釈や、合わせ持つ意味などの解説などがあり、たいへん勉強になるお話でした。シェイクスピアに、興味のある方へ、オススメしたい一冊です。