秘密ノート~交渉、スキャンダル消し、橋下対策

秘密ノート~交渉、スキャンダル消し、橋下対策

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

官邸の特命交渉人・飯島勲が世界を動かす。
緊急加筆、ぶち抜き17ページスクープ!

アメリカが、中国が、韓国が驚いた飯島勲内閣参与(特命担当)の北朝鮮訪問。
その舞台裏とともに、橋下徹をいかに潰したか、スキャンダルをどう消すかなど、
日本における水面下交渉・裏工作の極意を余すことなく描いた激辛インテリジェンスの金字塔。
情報能力、危険察知能力……、あらゆる裏交渉に通じる最強のノウハウが学べる1冊。


【目次より抜粋】
■第1章:アベノミクスと秘密の部屋
・「メディアには見えない」裏動線と秘密の部屋
・なぜ裏から手を回すことが大切なのか
・北朝鮮交渉の一部始終
・スキャンダル記事の消し方、教えます
■第2章:橋下対策「対阪」インテリジェンスの全貌
・この男が「世論」を味方につけた理由
・橋下ツイッターと直接対決
■裸の勝負120分!ももいろクローバーZ×飯島勲
■解説:ゾマホン(駐日ベナン共和国全権大使)
・先生は世界の偉人です。証拠もあります

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 国際
出版社
プレジデント社
ページ数
205ページ
電子版発売日
2013年07月19日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

秘密ノート~交渉、スキャンダル消し、橋下対策 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年10月30日

    -2013/10/30
    懐の大きな人の話を聞くと心が温かくなる。
    北朝鮮と拉致事件との交渉の裏話を聞くと外交とはこう仕組まれているのかと驚く。テレビのコメンテーターの浅知恵が悲しくなる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月13日

    やっぱり飯島さんってすげー人なんだろうなーってことがわかる書籍。
    岡田さんをボロクソに言ってますが。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月29日

    現政権のブレーンとして活躍している参与の考えを知ることができるのは面白い。道州制などをEUと結びつけた考えも初めて聞いた。ただ、この人は本当に考えに考えを重ねているので、内容を鵜呑みにしすぎてはいけないのかなと身構えてしまった。

    橋本さんと古賀茂明さん、そして孫正義社長に対してすごく辛口な意見だっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月14日

    『秘密ノート』飯島勲

    五月に電撃訪朝した飯島勲内閣参与=日本最強の秘書の新刊。国家論、外交の裏の話、組織論など。
    ワクワクしながら一気に読んだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月01日

    飯島さんの「官僚」がけっこう面白かったので、こちらも読んでみたが、こっちはそこまででもなかったな。
    メディアの使い方などはなかなかおもしろかったけど。なによりも大阪府の財政問題について、臨時財政対策債の残高が積み上がったからダメだというのはちょっと論外…。税収が前知事よりもこれだけ下がってその主要因...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月20日

    偏ってるし、中身もテーマがとっ散らかってるけど、面白く読めた。

    岡田克也氏がボロクソに書かれてて笑える。

    でもこれ定価1600円は高いな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月08日

    コラムのような内容だが、やはり政界や外交の舞台での裏話だけに思わず食らいついてしまう内容。民主党政権に対する話はかなり手厳しいが、具体的な例を挙げて、いかに彼らが稚拙だったかを暴露している。岡田副総理による経費削減の話は、問題点というよりは、問題以前の問題だろう。

    また、橋下徹氏にたいしても、挑戦...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月18日

    ニュースで小泉純一郎のそばに写る山本小鉄みたいな人が気になってしょうがなかったが著者の飯島勲氏であった。小泉政権時代の参謀として活躍。まさに猪木と小鉄の関係であったのだろう。本書では、なぜか巻末で「ももクロZ」とロング対談まで行っている。異種格闘技戦?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月11日

    多方面に関して書いている為か、広く浅く感が否めないのと、
    モモクロあたりは態々本にする必要が無いんじゃないかと思う位
    薄っぺらい内容。
    前半の対朝外交やプーチン辺りの話題は面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月17日

    小泉政権下、総理秘書官だった人か色々語る本

    タイトルほどの秘密はなし ただ、この人が日本国と小泉元総理とタバコが大好きで、民主党及び民主党議員と橋下大阪市長とが大嫌いなのはよくわかった

    こういう色々やって来た人の本なのだからもっとノウハウと言うか思想的な内容を期待していたが…

    あと後半以降のモ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています