メディアのあり方を変えた 米ハフィントン・ポストの衝撃

メディアのあり方を変えた 米ハフィントン・ポストの衝撃

作者名 :
通常価格 838円 (762円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※この作品には販売期限があります。
2020年09月30日を過ぎると販売を終了致します。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

オバマ大統領、クリントン元国務長官を始め、著名なブロガーを集めることで米国で急成長を遂げたブログメディア「ハフィントン・ポスト(ハフ・ポスト)」。2013年5月には日本版の配信も開始され、日本中のメディアが注目している。米国での新聞メディアの衰退が問題視される中、なぜハフィントン・ポストは成長できたのか。ジャーナリストの牧野洋氏がその謎を解き明かす!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
IT・コンピュータ / IT・Eビジネス
出版社
角川アスキー総合研究所
掲載誌・レーベル
アスキー新書
電子版発売日
2013年07月19日
サイズ(目安)
3MB

メディアのあり方を変えた 米ハフィントン・ポストの衝撃 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年08月10日

    これは予想外に学ぶところの多い本だった。名著だと思う。ハフィントン・ポストの賛美に終始するのかという不安もあったが、ハフ・ポストの紹介だけに終わらず豊富な具体的事例、多面的な考察から得るものが多かった。思わぬ出会いもあったもんだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月27日

    山崎豊子の「運命の人」を読みつつメディア論も読みたくなり選択。

    新書としてハフィントンポストの隆盛を紹介する本かと思いきや、ジャーナリズムの本質を論じている本。伝統的な紙メディアとハフポのようなネットメディアの対比にとどまらす、報道の在り方や、日本の記者倶楽部ジャーナリズムが目標とする「エゴスクー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月04日

    アリアナ•ハフィントンさんの経歴について詳しく書かれていたところが個人的には読んでみて一番良かったポイントです。著書は留学経験のあるのでアメリカのマスメディア事情も分かりやすく説明されていました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月09日

    紙媒体の新聞は、まだ日本では生きながらえているが果たしていつまで持つか。無料のブログ記事だけのあ繰りゲーションでは、メディアではない。しかし収益源としては大事。メディアとしての役割は公共性。それを支えるためには元手となる利益が必要。それを元に優秀な貴社を紙媒体の新聞社から雇用する。電子書籍、電子新聞...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月07日

    新たな技術が出現したときに社会のあり方であったり生活が大きく変わるのは当然で、米国と比較して10年遅れている(個人的には米国が10年先を行っているのでは、と思うが)と言われている日本の報道、マスコミのあり方がどう変わっていくのか、時代を担う一翼をよく描いていると思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月30日

    日本の新聞業界に警笛を鳴らす書籍。IT技術の普及・発展に伴い、現在主流の印刷所や紙媒体はデジタル化される運命にある。しかしながら、日本ではこの運命に抵抗し、痛みを伴うイノベーションを避けようとしている。ハフポストはブログサイトであり、アメリカの出版業界を変革してきた。そのハフポストがアジア初拠点とし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年01月02日

     女性実業家を主として始まったネット新聞、ハフィントンポストの裏話。ふーん、なるほど、の連続で、メディアの今後を占うのにも良い本だと思う。
     ただし、講読料なしでどうやってビジネスモデルを構築するかっていう肝心な部分にはっきり答えられてないのが不満と言えば不満、かな。
     マスコミ関係者、興味がある人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています