墨の華

墨の華

作者名 :
通常価格 330円 (300円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

(変わらぬもの、わしはそれが欲しい)
墨工羅小華はじっと考えていた。彼の前の机に「至宝」の二字を金であしらいその上下に鳳凰をあしらった墨が置いてあった。その墨がにおうのだ。墨はいくら歳月がたってもそのにおいは変わらない。においは墨のなかに封じこめられているのだ。変わらぬものがそこにあった。
(わしも変わらぬものをつくるのだ)
明代の三代名墨工と謳われるようになった羅小華は、晩年に名墨造りの秘訣を問われ、「心にわきかえる熱があって、造りたい気持ちを抑え、それをほとばしらせるのですよ」
と答えたという。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
尚文社
電子版発売日
2013年06月21日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

墨の華 のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています