仕事なし、彼女なし、借金あり。とにかくツイてない。律儀なことが唯一の取り柄。そんなノボルに持ちかけられたのは、絶対に失敗するはずのない完全誘拐計画。その報酬は一千万円。人生を立て直すためのたった一度の犯罪。そう誓って受けたこの仕事。だが彼は、身に覚えのない事件の殺人犯になっていた。(講談社文庫)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
352ページ
電子版発売日
2013年06月14日
紙の本の発売
2013年05月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

デッドボール

Posted by ブクログ 2014年06月06日

元漫画家さんですが、漫画のようにサクサクと読ませてくれます。それであって、一人一人がどういう行動をとるかがわからなくて、すごく楽しく読めました。

このレビューは参考になりましたか?

デッドボール

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年04月03日

木内一裕作品の独特なスピード感はあまりなかった。しかしその分作品の中身が充実し最後までハラハラドキドキの展開だった。木内作品の登場人物はキャラがすごくたっていてその印象はこの作品でもあった。いつもは作品のスピード感からくる爽快感があるが今回は読みごたえもあり連続したエピローグで描かれるラストの感動も...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

デッドボール

Posted by ブクログ 2017年03月11日

おんもしろかった~~~っっ!!!w

いやー、しかしサイコパスってホント怖いですねー!!!

「デッドボールってのは終わりじゃない。これから塁に進めるんだぞ」
うーん、いいねぇ!www

ノボルもいいし、佐藤もいい。そして、愛海もいい。
木内作品なだけに、やっぱ痛いシーンもあったけどw
読後感よし!...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

デッドボール

Posted by ブクログ 2017年02月06日

あれよあれよと進む展開が気持ち良い。
佐藤と成宮の頭脳戦が予想できなくて面白い。
痛いの苦手なので、剪定バサミさえなければ、、、って思う。

このレビューは参考になりましたか?

デッドボール

Posted by ブクログ 2014年11月11日

毎回楽しませてくれる木内作品♪ 今回も、しっかりと楽しませてもらいました♪♪ 佐藤(仮名)がカッコいいよ♪ 登場シーンはめっちゃ短いけど、主人公のことを評価しているゲンさんも、かなり味のあるキャラ♪ ヒロインも、屈折してるけど純情な感じ♪
そして、強烈な個性ですべてをかっさらっていく “おバカすぎる...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

デッドボール

Posted by ブクログ 2014年02月17日

律儀なところが唯一の取り柄という青年ノボルに舞い込んだもうけ話。勿論、それは犯罪がらみ、それも営利誘拐。完璧な犯罪計画はもつれにもつれて。
展開がスピーディーで、登場人物も個性的だ。ラストシーンはホントに映画のワンシーンのようだ。エピソードもぐっとくる。「マクロス」出してくるのには参った。
映画「藁...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

デッドボール

Posted by ブクログ 2013年06月23日

仕事なし、彼女なし、運もなし。律儀以外に取り柄もなし。
あるのは借金だけ。
そんな主人公が、1千万の報酬金が出る完全誘拐計画に手を貸すことに。
人生を立て直すため、たった一度だけと、請け負ったものの、
知らない間に、見に覚えの無い殺人犯に仕立て上げられていた。
主人公は無実を晴らし、人生を立て直すこ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

デッドボール

Posted by ブクログ 2013年12月23日

しっかりと話にオチがついているのかもしれないが、
もっと爽快感のある終わり方がよかった。
もっと敵を痛めつけてほしい。

このレビューは参考になりましたか?